会員限定この記事を読むと10pt 進呈!!

新規会員登録(無料) ログイン

[医療人] 2016/07/08[金]

いいね!つぶやく はてなブックマーク

患者のこと、地域のことを第一に考えながら、独自の工夫で医療の最前線に取り組んでいる開業医のお医者さん。そんなお医者さん達の、診療現場、開業秘話、人生観、休日の過ごし方、夢などを、教えてもらいました。

たまがわクリニック 玉川葉子副院長

きっかけは子ども時代に見た「キャンディ・キャンディ」

 私が医師を目指すようになったきっかけは定かではありませんが、幼少時にテレビで見たアニメ「キャンディ・キャンディ」の影響があったかもしれません。ナースになって献身的に人に尽くし、人を助ける姿に憧れ、漠然と医療の道を志したように記憶しています。人とのつながりを大切にする医療への思いを、当時から持っていたのかもしれません。

 また、小学生の頃に祖父が倒れ、病院のお世話になるのを目にするうち、「この手で病気を治せる医師になりたい」と思うようになりました。

心療内科の道へ、そして漢方に

 もともと私は人と話すことが大好きでしたし、心理学を学んでいた母の影響からか、心の問題に関心を持っていました。そこからさらに心療内科への関心が高まったのは、大学での恩師との出会いによるものでした。内科でどんなに検査をしても悪いところは見つからない、けれど確かに具合が悪くて困っている患者さんを、心理療法を用いて治療する姿に「話をすることで病気を治せるなんてすごい!」と感銘を受けました。

 心療内科とは、「心身症」を診る科です。腹痛や動機などの内科的な症状から、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患まで、その発症や経過に心理的な要素が関係する症状を、心身両面から治療していきます。もちろん、心理療法だけでなく、薬物療法も用います。私もメンタルに効く西洋薬を処方していたのですが、どうしても副作用で眠くなってしまったり、便秘になってしまわれる方がおられ、日常生活に支障が出てしまうことがありました。その度に「いつか漢方治療をしっかり勉強して、もっとここの患者さんに喜んでもらえる治療を提供したい」と思っていました。幸いにもその後、すばらしい先生方の下で勉強させていただき今日に至っておりますが、実際に漢方診療をするようになり、ますますその魅力を感じる毎日です。

産業医の経験を通して、働く人とその家族の健康を考えられる医師に

 私は、産業医を養成するために設立された産業医科大学の出身です。大学で学んだことを生かし、いつかは産業医を経験したいと思っていたので、2006年より電機メーカー、自動車メーカーにて産業医業務に従事しました。

 サラリーマン家庭に育ったため会社員の生活は理解しているつもりでしたが、自らの世間知らずさを痛感する日々でした。製品が生まれるまでの苦労や組織内での上下関係の難しさ、みなさん子育てや介護の問題を抱えながら就労されていることなど、診察室ではなかなか聞けないことを見聞きし、社会人として成長できたと思います。

 こうした経験は現在の診療において、非常に役立っています。

「何でも気軽に相談できるクリニック」を目指して

 現在当院の漢方外来では、起立性調節障害の女子中学生や、PMS(※)、更年期障害に悩む女性、だるさや頻尿を訴える高齢者の方々など、幅広い患者さまを診療しています。治療が奏功して元気になってこられると、その方のご友人やご家族も受診してくださることもあり、うれしい限りです。また、一旦治療を終了していた患者さんも「大きな病気を患ったので体力を回復したい」とか「子どもの受験のサポートで疲れた」など再受診してくださることもあります。その方のライフステージによりさまざまなストレスがあり、心身のケアが必要になることはまれではありません。そのような時に気軽に受診していただけるクリニックでありたいと思っています。

※Premenstrual Syndromeの略で「月経前症候群」。生理前約2週間に起こるとされる心身の不調で、多くは生理が始まれば症状が軽減、または消失する。

取材・文/岡田幸子(Sachiko Okada)
フリーエディター・フリーライター。女性誌編集部より独立後、医療、健康、美容から生活、教育に至るまで、おもに女性に関わる幅広い分野の情報を取り扱う。

たまがわクリニック

医院ホームページ:http://tamagawa-clinic.com/

横浜市旭区中沢1丁目、相鉄線「二俣川」駅から徒歩7分。神経内科専門医である玉川聡院長と、漢方専門医である玉川葉子副院長が夫婦で運営している。木のぬくもりを生かしたゆとりある明るいクリニック。
詳しい道案内は医院ホームページから。

診療科目

内科、神経内科、漢方内科

玉川葉子(たまがわ・ようこ)副院長略歴
2000年  産業医科大学医学科卒業、同大学神経内科(心療内科学分野)に入局
2006年  日本東洋心身医学研究会 研究奨励賞受賞
2006年~ 複数の企業において産業医として勤務
2010年~ ベイサイドクリニック勤務、小尾龍右医師に漢方医学を師事
2014年  たまがわクリニック副院長


■所属・資格他
日本東洋医学会 漢方専門医、日本内科学会 認定内科医、日本心身医学会 心身医療「内科」専門医、日本心療内科学会 心療内科専門医、日本医師会 認定産業医、労働衛生コンサルタント等


記事を読んでポイント獲得!

10pt 進呈!!

この記事を読んで
簡単なアンケートに回答すると、
"Amazonギフト券に交換できる"
QLifeポイントを獲得できます!

おすすめの記事

この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。
記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。
掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。