北海道せき損センター

診療科目

内科精神科神経内科循環器科小児科外科整形外科形成外科脳神経外科皮膚科泌尿器科産婦人科眼科耳鼻咽喉科放射線科リハビリテーション科麻酔科歯科 /循環器内科/乳腺外科/糖尿病内科

診療時間

午前 午後 その他
8:15 - 11:00
8:15 - 11:00
8:15 - 11:00
8:15 - 11:00
8:15 - 11:00

休診日:土・日・祝・年末年始(12/29〜1/3)

※診療時間は、変更される事や、診療科によって異なる場合があるため、直接医療機関のホームページ等でご確認ください

施設情報

駐車場 人間ドック カード 院内処方 セカンド
オピニオン
- -
公式サイト http://www.hokkaidoh-s.johas.go.jp/
アクセス JR函館本線美唄駅から徒歩10分
駐車場 無料:200台
混雑状況 比較的混まない時間帯
・全日の午前中の前半以外 ※口コミや調査による未検証情報です。 あくまで参考レベルでの利用に留めてください。
カードによる
支払い
クレジットカードによる支払いが可能 ※条件によって利用できない場合があります。直接医療機関のホームページ等でご確認ください。
高度医療機器 MRI、SPECT、マルチスライスCT
病床数 一般病床(157) ※カッコの中は病床数です。
病棟別病床数 障害者施設病棟(53) ※カッコの中は病床数です。

医院からのお知らせ(現在お知らせはありません)

医院の求人(現在求人情報は登録されていません)

北海道せき損センターの院長/関係者様へ
写真、お知らせ、求人の掲載は、下記よりお問い合わせください。

病院情報の誤りのご連絡は病院情報変更フォームをご利用下さい。

アクセス

最寄駅からの所要時間

JR函館本線美唄駅から徒歩10分

近隣の駅からの距離

  • 美唄駅(JR函館本線(小樽~旭川))から0.63km

地図を見る

QLifeでは次の治験にご協力いただける方を募集しています

治験参加メリット:専門医による詳しい検査、検査費用の負担、負担軽減費など

北海道せき損センターの最新口コミ(2件)

専門医

がん薬物療法専門医(1) / リウマチ専門医(3.1) / リハビリテーション科専門医(4) / 外科専門医(1.5) / 形成外科専門医(0.2) / 循環器専門医(2) / 救急科専門医(1) / 整形外科専門医(5) / 泌尿器科専門医(1) / 消化器内視鏡専門医(1) / 消化器外科専門医(1) / 消化器病専門医(2) / 皮膚科専門医(0.4) / 神経内科専門医(0.2) / 糖尿病専門医(1) / 総合内科専門医(3) / 麻酔科専門医(1) ※カッコの中は専門医の人数です。

健診・人間ドック、専門外来、予防接種など

}

健康診査、人間ドック、健康相談

健康診断
乳がん検診
特定健康診査
脳ドック
糖尿病教室
歯周疾患検診

専門外来

膠原病専門外来/禁煙専門外来/ストーマ(人工肛門・人工膀胱)専門外来/リウマチ専門外来/血管外来/PEG外来/糖尿病外来

予防接種

インフルエンザ
B型肝炎
肺炎球菌感染症

各種療法

作業療法
理学療法
言語聴覚療法
ADL訓練

救急・災害対策医療

ヘリポート
ドクターヘリ受入れ

リハビリ等

脳血管疾患等リハビリ(I)
運動器リハビリ(I)
呼吸器リハビリ(I)
集団リハビリ

医療機器

内視鏡
腹腔鏡
関節鏡
胸腔鏡
血管連続撮影装置
シネアンギオ
全身用X線CT
高速らせんCT(ヘリカルスキャンCT)
シングルフォトンエミッションCT(SPECT)
NMR-CT(MRI)
骨塩量測定装置
RI診断装置
乳房撮影装置(マンモグラフィー)
超音波診断装置
カラードップラー
X線テレビ装置
自動血液ガス分析装置
自動血球計数装置
自動生化学分析装置
ホルター心電計
呼吸機能検査
トレッドミル
人工呼吸器
除細動器
高圧酸素療法(治療)装置
経皮的冠動脈形成術(PTCA)
末梢血管診断

患者数、在院日数

平均在院日数※2015年12月〜2016年2月 急性期 20日

名医の推薦分野

この病院は、複数の有名専門医(※)の間で「自分や家族がかかりたい」と推薦されています。 推薦を受けた分野(科目、領域)は以下です。記載内容はいずれも取材・調査回答書より。※推薦、選定して頂いた有名専門医の一覧表

分野 整形外科
特色 北海道唯一の脊損センターであり、超急性期から慢性期に至るまで、包括的な脊損治療を行っている。同様な形態で運営される大規模脊損専門施設は総合せき損センター(福岡県飯塚市)と本病院の2施設しか日本にない。また、日本脊椎脊髄病学会クリニカルフェローおよびアドバンス・コースの認定施設(国内約60施設)であり、脊椎外傷のみならず脊椎疾患全般の専門医療を行っている。金田清志(北海道大学名誉教授)、野原裕(獨協医大教授)、小熊忠教、種市洋(獨協医大准教授)の各医師らの活躍により84年以来、約6,000例の脊椎・脊髄手術の実績がある。脊椎インスツルメンテーションを用いた再建術が得意で、頸椎から仙椎にいたるまで多くの脊椎再建術を手がける。特に頸椎椎弓根スクリューを使用した脊椎再建術では、コンピューターナビゲーションを用いていないにも関わらず、その刺入精度は群を抜いている。開院以来50余年にわたり北海道大学整形外科の重要な基幹病院の一つであり、密接なサポート体制下にある。現在は、北海道大学臨床大学院(整形外科連携講座)に指定され、大学院としての研究活動も行っている。
症例数 ★急性期脊椎外傷・脊髄損傷患者は年間60~80例が搬入される。総合せき損センターや神戸赤十字病院などと並んで、急性期症例数は国内有数。大半はヘリコプターで搬送され、道内各地から患者が集まっている。不安定損傷に対して迅速な手術治療を行うことで知られ、病院全体が一致団結している。既述のごとく椎弓根スクリューを用いた再建術が得意であり、強固な固定により損傷部の即時安定性を得て、手術翌日から積極的なリハビリや高圧酸素療法を行っている

★脊椎外傷以外では、頸椎症性脊髄症・頸椎症性神経根症・後縦靱帯骨化症・慢性関節リウマチ・腰部脊柱管狭窄症・変性すべり症・分離すべり症・椎間板ヘルニア・変性側彎症・脊椎外傷・骨粗鬆症に伴う病変(圧迫骨折や椎体圧潰)など年間300~400例の脊椎手術を行っている。腰椎疾患に対する再建術(PLIFやTLIF)のように大きな手術から低侵襲手術(内視鏡手術、顕微鏡手術、経皮的椎体形成術、mini-open TLIF)まで、症例に応じて臨機応変なアレンジを行っている。Wiltseアプローチを用いたmini-open TLIF、mini-open PLIFは当病院(前整形外科部長:種市)が考案した低侵襲腰椎固定術であり、既に確立した手術として普及しつつある

★脊椎に関する治療成果は国内のみならず国際学会にて報告し、常に国際水準を凌駕する努力がなされている。過去10年間に国内学会395題(うち20題がシンポジウムあるいは主題)、国際学会60題、合計455題が報告され、83論文が出版された。主な研究内容としては低侵襲手術、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎変性すべり症、腰椎分離すべり症、腰椎変性側彎症、多椎間固定、上位隣接椎間障害、職業と腰痛、頸椎症性脊髄症、頸椎後彎、脊髄損傷、頸椎脱臼骨折、頸椎再建術、手術の安全対策、術後感染、骨粗鬆症、医療経済学など多岐にわたる

★また、脊椎以外にも変形性膝関節症・変形性股関節症・肩関節障害(腱板断裂)・スポーツ障害・四肢外傷・四肢骨折・末梢神経障害・慢性リウマチによる関節症など一般整形外科診療も行っている。人工関節・靭帯再建・骨折手術・神経剥離・神経移行・関節形成など年間200~350件の手術がある。
医療設備 脊椎内視鏡手術機器(METRx-MED)、脊椎顕微鏡手術機器(METRx-MD)、関節内視鏡、マイクロ(手術用顕微鏡)、小皮切用開創器(Casper開創器)、各種脊椎インスツルメンテーションセット、無菌手術室(クリーンルーム)、超音波検査装置(エコー)、MRI、CT、骨密度測定装置(DXA)、RI、電気生理学的検査機器、高圧酸素、リハビリ室(脊損医療に精通した理学療法士・作業療法士・心理判定員など10人以上常駐)。
  • セカンドオピニオン受入 △
  • 初診予約 △
  • 主治医指名 ○
  • 執刀医指名 ○

○=可能 △=条件付きで可 ×=不可 /=未回答

「医者がすすめる専門病院 北海道」(ライフ企画 2010年6月)

インフォメーション

北海道せき損センターを見ている方は、他にこんな病院を見ています

北海道せき損センターの近くにある病院

カテゴリから病院を探す

おすすめの記事

病院情報について
病院情報は、QLifeおよび株式会社ウェルネスの独自収集情報、各都道府県の公開情報、医療機関からの情報提供に基づくもので、内容を完全に保証するものではありません。 受診の際は必要に応じ、診療内容、予約の要不要など、直接医療機関にお問い合わせください。 当サービスの利用により生じた損害についてQLifeおよび株式会社ウェルネスは賠償の責任を一切負いません。
口コミについて
口コミは、受診など、医療機関との実際の関係を持った第三者の主観によるもので、法人としてのQLifeの見解を示すものではありません。 あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。