[インフルエンザ調査] 2009/10/29[木]

いいね!つぶやくはてなブックマークGooglePlus

季節性ワクチンの希望者19%増で、
医療機関の86%が「足りない」、充足率は東京低い
接種価格は昨年と変わらないが、地域格差は1000円超

 新型インフルエンザの流行にともない、生活者は季節性のインフルエンザに対しても予防意識が高まっており、ワクチン接種希望者は昨年よりも多い。ところが供給量は逆に昨年より少ないために、需給バランスは崩れており、「接種はキャンセル待ち状態」「今年は予約制では対応できない」医療機関も出ている。

1.季節性インフルエンザのワクチン接種価格

 インフルエンザワクチン接種費用の全国平均は、3122円。昨年調査の3066円と比べてほとんど変化がなかった。後述するように、医療機関にはワクチン接種希望者が昨年よりも多く押し寄せている状況だが、高騰はしておらず、むしろ価格設定はほとんど変えていないようだ。

 医療機関の86%が、 2000円~4500円の間で価格設定している。

季節性インフルエンザワクチンの大人用接種費用:概要

 <参考>昨年度の同じ調査結果
 ※昨年度版の調査報告は、以下をご参照のこと。⇒『インフルエンザ予防接種の費用対効果とは?

病院/診療所の別

 「病院」の平均値は3181円、「診療所」の平均値は3046円と、病院の方がわずかに高い。
 「病院」のグラフは山がなだらかで、「診療所」の方が「3000円以上3500円未満」帯への集中度合いが高い傾向は、昨年と変わりがない。
 ただし、「病院」では3500円ないし3600円設定が若干増えている。これは、政府が新型ワクチンの接種価格を一律3600円と設定したことに影響を受けたのかもしれない。

 ※なお昨年度の調査で、「診療所」では各種割引制度が珍しくないことが分かったので、実勢価格では診療所の方が、もう少し安くなっている可能性がある。(家族まとめての接種を奨励する「家族割引」や早期予約を奨励する「早期割引」など)


地域別の平均費用(参考値)

 地域別の傾向は、昨年とあまり変わりなかった。東京・神奈川はじめ都市圏の価格が高く、地方の方が安い。ただし大阪は例外的に安い。地域平均値の最大格差は、「神奈川」-「四国」=1091円。

※昨年度版の調査報告は、以下をご参照のこと。⇒『インフルエンザ予防接種の費用対効果とは?

2.季節性ワクチン接種希望者の数

 ワクチン接種希望数の状況を確認するために、「昨年同時期比較で何%か」を「10%きざみ」で聞いたところ、「昨年より少ない」医療機関は7%にとどまり、57%は「昨年より多い」と回答した。しかも22%は「昨年比50%以上の増加」としている。

 全体の増加率を「回答%x回答者数」で単純算出すると、昨年比19%増であった。病院では18%増、診療所で20%増。すなわち、昨年比2割増しの人が、ワクチン接種で医療機関を訪ねている。

 この背景として、新型インフルエンザの流行で季節性に関しても国民の予防意識が高まっていることと、ワクチンに関するマスコミ報道が重なるなどしてワクチン全般へ過剰な期待が寄せていることなどが、回答した医師からのコメントからうかがえた。

  • 「ワクチンは万能だと思っている人が多い。」(病院、愛知県、40歳)
  • 「ワクチンはあくまでも軽減効果を求めるものであることを今以上に徹底して伝えてもらいたい。」(病院、秋田県、55歳)
  • 「ワクチンを打たせろ、抱え込むななどクレームが多い。」(病院、北海道、32歳)
  • 「「私の分は確保しておいて」と取り置きを要求する方が増加しています。」(診療所、高知県、35歳)

※「わからない」とした回答(9.0%)は集計から除いた。また増加率算出時には「200%以上」は一律「200%」として計算したので、実際の増加率はもっと高い可能性がある。
※この表とグラフでは、10%、20%、30%、40%、50%回答者を「50%以下」に集約した。

季節性ワクチン接種希望者数(昨年同時期比)

3.季節性ワクチンの供給確保予想

 ワクチンの需給状況を確認するために、「必要分の何%を確保できそうか」を「10%きざみ」で聞いたところ、14%が「充分に確保できる」と回答した。ただし、病院と診療所では開きがあり、病院では21%が確保できるとしたが、診療所では7%に留まる。

 逆に、「必要量の半分以下しか確保できない」とする医療機関は、病院・診療所で差はなく、どちらも約17%であった。

回答した医師のコメントを見ると、特に地方で、需給バランスが逼迫している印象を持つ。

  • 「国には、新型よりも季節性ワクチンの安定供給を望む。」(診療所、岩手県、44歳)
  • 「季節性は供給量が完全に足りない。」(病院、千葉県、52歳)
  • 「今までは企業に出向き、集団接種できたのに、今年はいつ手に入るかわからず、出向くことを断っている。・・(略)・・季節性インフルエンザ作成が昨年と比べ、80%になっているといわれても、もっと少ない実感だ。」(病院、沖縄県、71歳)
  • 「ワクチンの製造数の制限で、希望者全員にワクチンが行き渡らないことを、もっと告知してもらいたい。」(病院、和歌山県、37歳)
  • 「地方には十分な量のワクチンが届いていないことをもっと報道して欲しい。」(病院、北海道、32歳)

 なお、需給状態の平均を、「回答%x回答者数」で単純算出したところ、病院で76%、診療所で72%、全体では74%の充足度にとどまった。一般的には「季節性ワクチンの製造量は例年の8割程度」と報道されているので、需要が増していること(前問の結果をご参照)を鑑みると、うなずける数値だ。すなわち患者視点でみると、接種希望者のうち4人に1人は受けられない可能性が高い。

 これを地域別にみると、地方よりも都市圏の方がむしろ需要ひっ迫度合いが激しい傾向が見える。東京が最も低く66%で、大阪の68%が続く。最も充足度が高い北海道は86%だが、上記で紹介の通り「地方に十分届いていない」とのコメントは北海道の医師からも出ており、同一地域でも医療機関によって需給状況に差があると想像される。

※「わからない」とした回答(8.0%)は集計から除いた。また、需給状態算定においては、「50%以下」を一律「50%」として計算したため、実際はもっと平均充足度が低い可能性がある。

※この表と次のグラフでは、10%、20%、30%、40%、50%回答者を「50%以下」に集約した。

病院/診療所別の季節性ワクチンの充足度

地域別の季節性ワクチンの充足度(参考値)

詳しい内容はこちらのpdfファイルから⇒季節性インフルエンザ・ワクチンの需給実態(2009年10月医師調査)

おすすめの記事

インフルエンザに関する
この記事を読んだ人は
他にこんな記事も読んでいます。
記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。
掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。

一言コメント

コメントが6件あります

コメント(6件)

  • 坂の上の雲のコメント見てたら、ロケ地の町病院で季節型ワクチンあるだなんてすごい、飛行機で稚内経由で温泉もあるので祖父に行かせます。温泉入れてワクチンも受けれてよかったよかった

    Posted on 2009.11.24 18:52:18 by 坂の上のくーさん
  • 40歳台の男性です。ワクチンの優先接種対象者ではないです。
    名古屋市在住です。都市部で生活していて、地下鉄に毎日乗るのでインフルエンザに毎年
    感染してキツかったです。
    小児~30歳台前半まで、ぜんそくの治療を続けてきたのですが、現在は完治とはゆかな
    いが医療機関を受診しなくてもいい程度に回復していて、ぜんそく発作自体が無いので優
    先対象者でないそうです。

    のどが元々弱いので、インフルエンザだけでなく、呼吸器への感染症は必ずもらってしまう
    体質で困っていましたが・・・。ワクチン接種を毎年必ずするようになってから、感染しないか
    、しても軽症で済んでいました。

    新型インフルエンザのワクチン接種をしようとしたところ・・・何と!。来年2月~3月にならな
    いと・・・優先接種対象者でない者への接種はダメということがわかりました。

    更に、驚くことに、待っていても3月で輸入・生産が終わってしまうようで待っても、接種でき
    ない感じです。優先のかたが接種している間、ずっと待っていて、やっと接種できるかな?
    と思ったら今度は生産終了で接種できない・・・。

    ずっと待たしておいてそれはないだろうと思う。希望すればたとえ来年の5月になろうが6月
    になろうが、希望する人が全員接種できるようにしてもらわないと困る。6月になって、今年
    流行の新型のワクチンを接種して、効果があるのか?という意見もあるようだが、みんなが
    感染していない「新型」ということで騒ぎになっているのだから、たとえ6月になっても接種で
    「感染履歴」を付与したい>この程度の望みすらかなえられないのでしょうか?

    アフリカで10円の薬剤が無いために子供が死んで&病気で苦しんで・・・
    という某国際支援団体のCMをみたことがあるが、「インフルエンザワクチン」に関しては、
    「欲しくても入手出来ない」アフリカの貧しい国と何ら変わらない。

    多分・・・。新型インフルエンザを地下鉄車内で誰かからもらい受けるでしょう・・・。
    ワクチンの接種を済ましていれば、軽症&感染しなくて済んだだろう・・・・。どんなに望ん
    でも不正行為をして優先接種を受けない限り、11月中に接種を受けることが出来ないと
    いう絶望感>元々ぜんそく持ちだったので、インフルエンザに感染するとキツイ。

    20歳台~50歳台の一般人への接種については、いまだに接種スケジュールすら発表
    されない>無視ですか>?
    いったいいつ、我々の年代の者が、新型インフルエンザのワクチンの接種を受けられる
    のか、厚生労働省&愛知県は、スケジュールすら発表していない(書き込み日時点で)

    ワクチン接種が出来ずに、新型に感染したら、地下鉄&バスの全線定期を持っているの
    で・・・。
    高熱や咳(せき)に耐えて、朝~深夜までウイルスを撒き散らさなくなるまで、毎日、地下
    鉄に乗り続けて、ワクチンを接種出来ない、20歳~50歳の延べ数百万人に感染させて
    やろう!!・・・・感染爆発の原因は接種できなかった腹いせ・・・。
    となると、急遽、20歳台~50歳台にも、希望者全員に新型インフルエンザワクチンが
    接種できるように対策をとらざるを得ないでしょう。(どうしても接種できないと聞いて、こん
    なことを考えてしまった>悔しいので>実行はしないでしょう>安静にして早く楽になって
    仕事をしないと>結果的に完治する前>ウイルス撒き散らし状態で地下鉄に乗車するの
    で結果は腹いせのウイルス撒き散らしと同じことになります。

    感染するとぜんそくの過去履歴があるので息苦しいので、更に息苦しくなる&大嫌いな
    ので、マスクは絶対にしませんので>ウイルスを撒き散らしながら通勤です。

      ↓  みんなが接種出来るようにする対策を取らないと・・・

    強毒性の凶悪なウイルスが出現したとき・・・・・20歳台~50歳台は後回しどころか接種
    自体ダメ・・・>この年代の、死体の山が築かれるでしょう。

    この年代は、仕事で毎日外出して満員電車に乗るなど、人ごみに身を置かないと生計が
    成り立たない年代>この階層が後回しとは悲しい。

    誰かが・・・新型に感染したら、全線乗り放題1日乗車券を購入して朝から夜まで、電車
    や地下鉄を乗りまくる・・・というテロ的な悪魔の行動を複数のかたがおこなって、感染
    爆発させて「我々にもワクチンよこせ声明」でも出さない限り・・・再び、この階層は黙殺
    されるのでしょう・・・。

    接種さえ出来れば、感染しなかったり、仮に感染しても症状が軽く済むことが多く大変助
    かっていたのに。。。。。季節性インフルエンザのワクチンは何とか接種出来た。(早目予
    約で・・・)。

    ワクチン不足&3月まで待っても接種できない・・・。腹立たしくて怒り狂ってます。

    Posted on 2009.11.19 0:47:40 by 成人男性
  • その3、
    どこの医者もワクチンが、いつどれくらい雑入るかわからないと言います。
    わからないと言われ私たちはどうすればいいですか?
    予約が取れないのも、混雑、混乱の原因です。もう少し、新型ばかりでなく季節性インフルエンザの情報を出して欲しかったです。新型も季節性も打てない受験生がたくさん出るかもしれません。

    Posted on 2009.11.6 8:52:20 by 小川朋子
  • その2、 今日の受付は先着30人で、8時30分現在で、6人待っているとの事でした。子供は当然学校に行っているので、私一人受けに行きました。なんとか打つことが出来ましたが、すでに15人居ました。受付に子供は18時ごろで無いと来られないが、まだ打てるか聞いたところ、午前中に終了してしまうので、無理だと言われました。土曜日の朝一番に連れてこようと思いましたが、土曜日までもつかどうかわからないと言われました。平日の午前中だけで終了してしまうなんて、学生はどうしたらいいのでしょうか?近くの医者は、どこも、もう打てないと言われ、少し離れた病院に電話して、11月に4日間だけ予約の空きがあり、なんとか予約できました。しかし、14時~16時だと言うのです。早退しないと打てないかも….。試験当日、熱が出て今までの努力が台無しにならないように、受験生にもう少し配慮して欲しいです。どこの医者も….. 続く

    Posted on 2009.11.6 8:44:40 by 小川朋子
  • 大学受験生、センター試験を控えている子供を持つ親です。
    新型は、なかなか打てそうにないと思い、季節性インフルエンザだけは必ず打たせたいと
    10月ごろから地元の開業医に、いつから打てるか聞いていました。
    11月2日から始まり、今年は予約制ではなく、無くなりしだい終了ということでした。
    しかし10月24日から下の子が新型インフルエンザにかかり、本人はもちろん家族も2日には
    まだ打たない方がいいと言われました。なくなってしまわないかと心配でしたが、先生が、1週間や
    2週間ではなくならないから大丈夫だといわれ、11月中旬に打つことにしました。
    ところが、2日に打ちに行った友達に聞いたところ、夕方の診療では、めちゃくちゃ混んでいて
    ワクチンが無くなって帰っていく人もいて、今度はいつ入るかわからないと言うのです。
    3日は休みなので4日の朝、慌てて電話したところ、

    Posted on 2009.11.6 8:16:26 by 小川朋子
  • 今の医療行政は、厚労省大臣が替わったことで、変革期にある。
    従って、指示命令があるようでないような時期なのかもしれない。
    さらに、大臣の背後に控える小澤闇将軍が、医師会を排除せよとした命令を出しているから、余計混乱している。
    これらは、全ての医療行政にも通じるものであろうが、特に厚労省役人が無気力になっているのか?
    まあ、政権が落ち着くまで、まだまだ大臣の力量不足による混乱は続く。
    小澤闇将軍が「新型インフル」にかかればもう少し世の中が変わるかもしれないが、まずそれはない。
    様子見の間に、新型インフルの死者が急増しそうな感じでる。

    Posted on 2009.10.30 8:20:48 by 旅人?

コメントをどうぞ!(コメントは承認後、公開されます)

ニックネーム※必須公開されます
メールアドレス※必須公開されません
URL(サイトをお持ちの方)
メッセージ※必須