すべて
病名
 × 

骨髄炎、化膿性関節炎
こつずいえん、かのうせいかんせつえん

骨髄炎、化膿性関節炎とは?

どんな病気か

 骨髄炎は骨髄の炎症で、関節炎は関節の炎症ですが、化膿性関節炎は細菌感染による関節炎をいいます。骨髄炎も通常は細菌感染によることが多いので、ここでは化膿性骨髄炎について述べることとします。

原因は何か

 原因となる菌は黄色ブドウ球菌が最も多く、体のほかの感染巣からの血行感染、病巣部付近の感染巣からの波及、開放創(切り傷やすり傷など)による外界からの直接感染などによるとされています。

症状の現れ方

 急性に発症した場合の症状は、病巣部の発赤、腫脹、熱感、疼痛がみられ、患肢を動かそうとしなくなります。加えて発熱、悪寒、発汗、全身倦怠感、食欲不振などの全身症状がみられる場合もあります。

検査と診断

 診断には血液検査、X線検査、MRI検査などが行われますが、病巣部を穿刺(針を刺す)してうみの貯留を確認し、細菌検査によって原因となる菌が同定されれば、診断は確定します。

治療の方法

 治療は原因となる菌に効果のある抗菌薬の投与と排膿を行うことが重要です。排膿には、穿刺によって行う方法と手術で病巣部を切開する方法とがあります。合併症や後遺症として成長が障害されたり、関節が硬くなったり動かなくなったりすることがあるので、早期発見、早期治療が望ましい病気です。しかし、時には骨肉腫などの骨腫瘍若年性関節リウマチなどとまぎらわしいことがあるので、そのような場合には整形外科専門医による的確な診断が必要になります。

病気に気づいたらどうする

 新生児や乳幼児に発症する化膿性股関節炎はとくに的確な診断が難しく、そのうえ、早期に治療を開始しないと重大な後遺症を残す可能性があります。もちろんこの時期の子どもは痛いと言いませんし、股関節は体の表面から深いところにある関節なので、腫脹、熱感、発赤がわかりにくいため、診断は難しいです。お乳の飲みが悪い、不機嫌である、熱がある、おむつの交換時に激しく泣く、脚を動かさないという症状があれば、急いで整形外科を受診することがとても重要です。

(執筆者:三重大学医学部整形外科教授 湏藤 啓広)

骨髄炎に関連する可能性がある薬

医療用医薬品の添付文書の記載をもとに、骨髄炎に関連する可能性がある薬を紹介しています。

処方は医師によって決定されます。服薬は決して自己判断では行わず、必ず、医師、薬剤師に相談してください。

・掲載している情報は薬剤師が監修して作成したものですが、内容を完全に保証するものではありません。

骨髄炎に関連する可能性がある薬をもっと見る

おすすめの記事

コラム子どもに発生する骨腫瘍

三重大学医学部整形外科教授 湏藤啓広

ユーイング肉腫

 ユーイング肉腫と骨肉腫との違いは、ユーイング肉腫では、発生する年齢が5歳~20代と10歳以下にも多くみられるということと、発生する部位が関節の周囲というよりも関節と関節の間や骨盤、肋骨、肩甲骨などに多いということです。診断の方法や治療方針は骨肉腫とよく似ています。

単発性骨嚢腫

 単発性骨嚢腫は骨のなかに生じる空洞状の病変をいい、そのなかには黄色透明な液体を含んでいます。20歳以下に多くみられ、発生する部位は腕の付け根と脚の付け根に多いという特徴があります。何も症状がなく、X線検査で偶然見つかる場合や骨折を起こした時に見つかる場合があります。良性の病気ですから経過をみるだけでよい場合もありますが、外科的な治療を行うこともあります。

類骨骨腫

 類骨骨腫は単発性骨嚢腫とは異なり、痛み、とくに夜間に痛いという特徴があります。10~20代に多く、どこの骨にも発生しますが、病巣部が小さいということもあって、なかなか診断がつかないこともあります。X線検査、CT検査、MRI検査、シンチグラフィなどいろいろな検査が必要な場合があります。良性の病気なので急ぐ必要はありませんが、手術で病巣部を切除しないと症状が良くなりません。

骨髄炎に関する病院口コミ

骨髄炎、化膿性関節炎に関する医師Q&A