専門医より推薦を受けた診療科目・診療領域

西眼科病院は、複数の有名専門医(※)の間で「自分や家族がかかりたい」と推薦されています。
このページでは、専門医より推薦を受けた分野(科目、領域)の特色や症例数、所属している医師について取材・調査回答書より記載しています。 ※推薦、選定して頂いた有名専門医の一覧表

眼科

分野

眼科

特色

「私たちは高感度な眼科専門病院をめざします」を基本理念として、「患者さんの求めに応じて、満足のいく医療を提供する」ことを活動の原点とし、心のこもった医療サービスの提供を心がけている。これを実現するため、「常に患者さんの立場に立つ」、「常に知識と技術を磨く」、「常に職員と施設が100%機能する」に注力している

★併設の研究室では動物実験や細胞培養を行い、究極の白内障手術を追求、臨床病理や臨床技術の向上を図っている。当院より提唱した後発白内障を予防するスクエア・エッジの眼内レンズ(IOL)は全世界に大きなインパクトを与え、現在使用されているIOLはすべてこのデザインが使用されている。また調節の復元を目指したレンズ・レフィリング(水晶体再生)の研究をすでに25年前より進めており、この画期的な世界の最先端のレンズ、手術手技は、米国と共同開発中で臨床試験第一相にあり、安全かつ短時間での手術遂行は100%に近づき臨床応用を待つ時点に到達している。白内障眼内レンズ挿入術後の合併症、後発白内障予防の臨床的基礎的研究、眼内レンズの素材、デザインおよび関与する水晶体上皮細胞の研究は眼内レンズの素材や形状の開発にも世界的に多大の貢献をしている。これらの功績が認められ07年5月ASCRS(アメリカ白内障屈折手術学会)の最高栄誉賞であるチャールズ・ケルマン賞を受賞した。更に08年4月ASCRSでJan Worst賞、08年9月ESCRS(ヨーロッパ白内障屈折手術学会)でRidley Medalを受賞

★時代を先取りした先端技術なども積極的に導入しており、常に設備や技術共最先端に位置している

★日本眼科学会専門医制度研修施設として、国内はもとより海外からも広く研究者や研修医の受け入れを実施している。海外から著名な講師を招いての研究会を開催するなど質の高い眼科専門医を育成するのも大きな使命と考えている。「医療はサービス」であることを位置づけしながら臨床、研究、教育の3つの実践を行っている

★患者さんの待ち時間短縮を狙いとした電子カルテシステムも導入済み。「カルテ開示」は25年来行っている。「セカンド・オピニオン受け入れ・データの貸し出し」「ジェネリック薬の処方」は積極的に推進している。http://www.nishi-ganka.or.jp

症例数

外来患者数1日平均約300人、年間手術件数約4,300例

★白内障手術(超音波乳化吸引術)約2,000例以上(約60%は日帰り手術)、プレミアム眼内レンズ、多焦点眼内レンズや乱視矯正眼内レンズ挿入術も行っている。白内障手術後の屈折の微調整にはタッチアップ(エキシマレーザー)システムも備えている

★網膜硝子体手術220例以上(日帰りから長くて5泊)

★緑内障手術約100例(白内障と同時手術も多い)。その他、角膜全層および内皮移植(アメリカ・オーストラリアのアイバンクと提携しており手術日が予定できる)

★エキシマレーザー屈折矯正手術(99年より導入)症例に合わせLASIK、LASEK、Epi-LASIK PRK、そして既述の方法の適応のない症例にはフェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)挿入も積極的に行っており、よい成績を得ている

★斜視手術、眼窩手術、炭酸ガスレーザーによる眼瞼手術(眼瞼下垂や内反症、眼瞼腫瘤切除など)、霰粒種、翼状片、涙道内視鏡を用いた鼻涙管狭窄閉塞開放手術、各種レーザー治療(年間約1,600例)など悪性腫瘍を除き、コンタクトレンズからロービジョン、各種手術等にいたるまで、あらゆる眼科疾患の診断、治療、手術を行っている。手術は予定外の緊急手術も随時実施している。外来における手術やレーザー治療は毎日実施

★加齢性黄斑変性症に対するPDT(光線力学療法)、トリアムシノロンのテノン嚢下注射、抗VEGF抗体の硝子体内注入

★ボトックス(ポツリヌス毒素)による眼瞼痙攣、片側顔面痙攣の治療も多く施行している。

医療設備

超音波乳化吸引装置、硝子体切除(23ゲージ)、角膜形状解析、ペンタカム、角膜内皮計測装置、ハンフリー自動視野計、GP、FDT、アルゴン・ダイレーザー、ヤグレーザー、半導体レーザー、エキシマレーザー、炭酸ガスレーザー、涙道内視鏡、PDT(光線力学療法レーザー装置)、TTT(経瞳孔温熱療法装置)、OCT(光干渉断層計)、FAG、ICG、ERG、VEP、大型弱視鏡等新鋭機各種。各部署・各診察室間のLANシステム、イメージネットによるデータベースの集積。紙カルテを廃止し電子カルテシステムを実施。

「医者がすすめる専門病院 大阪・奈良」(ライフ企画 2011年5月)

QLifeでは次の治験にご協力いただける方を募集しています

治験参加メリット:専門医による詳しい検査、検査費用の負担、負担軽減費など

インフォメーション

西眼科病院を見ている方は、他にこんな病院を見ています

西眼科病院の近くにある病院

カテゴリから病院を探す

おすすめの記事

病院情報について
病院情報は、QLifeおよび株式会社ウェルネスの独自収集情報、各都道府県の公開情報、医療機関からの情報提供に基づくもので、内容を完全に保証するものではありません。 受診の際は必要に応じ、診療内容、予約の要不要など、直接医療機関にお問い合わせください。 当サービスの利用により生じた損害についてQLifeおよび株式会社ウェルネスは賠償の責任を一切負いません。
名医の推薦分野について
名医の推薦分野に掲載する情報は、ライフ企画が独自に調査、取材し、出版する書籍、「医者がすすめる専門病院」「専門医が選んだ★印ホームドクター」から転載するものです。出版時期は、それぞれの情報ごとに記載しています。全ての情報は法人としてのQLifeの見解を示すものではなく、内容を完全に保証するものではありません。