[頭痛外来の先生を訪問しました「1人で悩まないで、慢性頭痛」] 2009/05/07[木]

いいね!つぶやく はてなブックマーク

杉原央一先生

【プロフィール】
専門:脳神経外科・神経内科・外科
1984年 浜松医科大学医学部 卒業
1985年 沼津市立病院 外科
1986年 東京厚生年金病院 麻酔科
1986年 藤枝市立志太病院 脳神経外科 医員
1988年 清水厚生病院 脳神経外科 副医長
1991年 富士宮市立病院 脳神経外科 科長
1996年 菊川市立病院 脳神経外科 医長
2004年 杉原脳神経外科クリニック 開業
QLife:頭痛外来に取り組み始めたきっかけは、なにかありますか。

杉原先生(以下先生):脳神経外科クリニックとして開業していましたので、自然と頭痛に悩まれている患者さんが多く来院しておりました。そのような経緯から頭痛外来と意識する事はありませんが、実質、頭痛外来になっていますね。

QLife:頭痛に悩む患者さんは、かなりいらっしゃるんですね。それでは、頭痛を訴えて来院される患者さんは、男女比、頭痛の内容などどんな分布になっていますか。

先生:先生:男女の比率でいえばやはり女性の方が多いですね。内容で言うと一次性頭痛、特に片頭痛である割合が高く、近年問題になっている薬物乱用頭痛の方も結構いらっしゃいます。頭痛を抱える患者さんの多くは、脳に腫瘍や傷ができたのではないかと懸念されてみえるのですが、実際には一次性頭痛の場合がほとんどです。

QLife:頭痛がすると脳腫瘍などの疑いをつい抱きがちですが、そういうケースはあまりないのですね。

先生:一次性・二次性のどの頭痛なのかは、通常は問診で確実に診断できますし、脳神経外科医としては問診にて診断できてしかるべきだと考えています。ただ、一次性頭痛であっても、まれに脳腫瘍など別の疾患を併発している疑いのあるケースもあるので、そういった場合にはMRI・CTなどの画像診断も受けて頂きます。実際、ほぼ片頭痛で間違いない患者さんでも、気がかりな点があってMRIを撮ってみたら、脳腫瘍だったという例があります。あくまでもレアケースですが、「片頭痛です。以上」で片付けてはならないカテゴリーの頭痛もあるということです。
頭痛は原因・状態や症状が、実にひとりひとり様々です。頭痛外来や脳神経外科をしっかり受診して原因を究明し、状態を把握することが大切です。また、親が頭痛もちなら子どもも頭痛もちであることも多く、世代を超えて長く付き合っていく問題です。自己判断で市販薬を飲んで終わらせずに、一度しっかり診てもらうようにしてほしいと思います。

QLife:それでは、「診てもらう」時の様子を教えてください。どんなプロセスで診察は行われるのですか。

先生:診察はまず問診から入ります。「頭痛の前ぶれはありますか」「どんな時間帯に痛みますか」など、関連する項目をひととおり、チェックシートを使って確認していきます。ヒアリングには時間をかけますね。この時点で、だいたいどの種類の頭痛で、原因は何なのか、治療法はどうしたらいいのかなどはわかりますので、その後は病態・症状や患者さんの体質に合った薬を模索する段階に入ります。
薬は通常、数種類の中から、1種類選んで、まず単剤を処方していきます。この時、最初から処方がうまくいくケースは、残念ながらほとんどありません。むしろ初期の数回は、なかなか効果が感じられなかったり、効きが弱かったりして、治療をやめたくなってしまう患者さんもいます。ここであきらめず、自分に合った薬に出会えるまでの数回を根気良く取り組んでください。そのうち頭痛とうまく付き合っていけるようになります。最初が肝心ですから、がんばって自分の頭痛を知る作業に取り組んで欲しいと思います。

杉原央一先生

QLife:最初の投薬が効かなかったからと言って、投げ出してはいけないんですね。患者さんは、頭痛についてどんなことを質問することが多いですか?

先生:よく「この頭痛は治るんでしょうか」「この頭痛とは一生付き合わなくちゃならないんでしょうか」といった質問を受けることがあります。
一般的に片頭痛であれば、頭痛は加齢に伴い軽減し、60歳を過ぎたらほとんどひどい頭痛からは解放されます。女性の場合、閉経後に治る場合もあります。そうして自然に軽減するまでは、ずっと付き合っていかねばなりません。「治そう」とするのではなく、「うまく付き合おう」とする長期的展望をもって、人生の一部として頭痛の改善に取り組んでください、というのが質問に対する答えです。
片頭痛の場合、薬はトリプタン系の薬剤を中心とした処方が主で、これに予防薬と生活改善指導を組み合わせることで、よい状態を保つことが可能です。反対に、その場しのぎで鎮痛薬を服用する方法を続けて薬物乱用頭痛になってしまうと、60歳を過ぎてからも頭痛の軽減がみられない場合があります。さらには、他の臓器に負担をかけることにつながり、うまく抑えるのがより困難な状況を引き起こしかねません。いわゆる頭痛がこじれた状態へと陥ってしまいます。

QLife:薬物乱用頭痛について詳しく教えてください。

先生:頻繁に頭痛が起こるその都度、自己判断で鎮痛薬を服用している人に起こりやすいのが薬物乱用頭痛です。消炎鎮痛剤は薬局、ネットなどで比較的入手しやすい薬剤のため、定められた用法・用量を大幅に超えて長期にわたって慢性的に服用し、薬物乱用頭痛の状態に陥る方が増えてきています。これは痛みを感じるレベルが下がる、いわば痛みに対する過敏状態を指します。
薬物乱用頭痛になって久しい患者さんは、昔なら耐えられた痛みでも耐えがたくなっており、鎮痛薬が手放せない状態になってようやく来院されるケースがほとんどです。こうした患者さんの頭痛は、まさに難攻不落。治すのには根気が要ります。

QLife:用法・用量を守ることは大切なんですね。薬物乱用頭痛の患者さんは、どんな風に治していくのですか。

先生:市販の鎮痛薬にどっぷり浸かってしまった患者さんのケースをご紹介します。その方は長期にわたって自己判断で市販薬を多用しており、典型的な薬物乱用頭痛を呈していました。それもひどい症状でしたので、まず脳の過敏性を抑える抗てんかん薬と抗うつ薬を同時に処方し、徐々に鎮痛薬の服用回数を減らしていきました。薬を飲んだ時間をかならず「頭痛ダイアリー」に記入していただき、服用回数を意識してもらうと同時に、長期間に及ぶ治療に取り組みました。
最終的に月10回の頓服を目処に、服用回数を落ち着かせることに成功しましたが、そこに至るまでの道のりは本当に根気の要る作業でしたね。

QLife:ひどくなってからの受診では、治すまでのプロセスもいっそう大変なんですね。患者さんが治療を早く開始するために、どんなことが必要とお考えですか。

先生:早期治療の開始にあたっては、周囲の人の協力が必要だと考えます。先ほどのエピソードの患者さんはご家族のすすめによって初めて受診され、治療期間中もご家族がなにかと協力しておられました。頭痛の治療に際しては、そういった家族の理解やサポートが、早く良くなるための大切な要素になります。
周りの人が「この人は頭痛と言っているけれど、ただ怠けているだけでは?」と思って指摘してしまうと、ご本人も「自分は怠けているだけなのかな」と感じて、病院にかかるための第一歩を踏み出し損ねてしまう場合がありますから。

QLife:通院治療を行うほか、頭痛を抑えるために患者さんが自分でできることは、どんなことですか。

先生:生活のリズムが不規則なために起こる頭痛もあります。夜更かしをやめ、休みの日でも朝寝坊せず、食事もマグネシウムの多く含まれる食品とカフェインの含まれる飲料を意識して摂取する、といった工夫が頭痛を抑えるのには有効です。
マグネシウムが不足すると頭痛になりやすくなるので、ひじき・黒豆・納豆・木綿豆腐などを好んで摂るように心がけましょう。また、カフェインには片頭痛を抑えるはたらきがあります。コーヒー、ハーブティー、紅茶などを意識して摂ることで、自分でも改善された気がするなら、大いに摂ってほしいところです。
でもまずは生活スタイルの見直し、特に寝坊をやめることですね。

杉原央一先生

QLife:朝寝坊をしないことが、どうして片頭痛予防につながるのですか。

先生:片頭痛は、血管が急に異常拡張することで起こるものです。普段気を張って仕事をしている人が、休日に油断すると、血管の緊張が解けて、目が覚めた時に頭痛になっていることがあるんです。ストレスから解放される休日に頭痛がするのでは、つらいですよね。それを防ぐために、週末頭痛の人は休みの日でも惰眠をむさぼることなく、がんばっていつも通りに起床する努力が必要といえます。

QLife:休日に頭痛がするのはそういうわけだったんですか。働く大人だけでなく、子どももそういった頭痛を訴えることはありますか。

先生:頭痛は主に10代後半から60歳の間に起こりやすいものですが、子どもの頭痛ももちろんあります。実際にあったケースでは、朝になると頭痛がひどくなるお子さんがいまして、この子は学校に行く時間になると「あたまが痛い」と訴えて動けなくなるものですから、家族は心因性の不登校だと思っていたそうです。しかし問診で片頭痛の持ち主であることがはっきりとわかり、頭痛の予防薬などを処方していった結果、すっかりよくなり学校へ行けるようになりました。いまでは部活動にも積極的に取り組んでいるそうで、見違えるほど元気になってご家族は驚かれていましたね。
子どもは自分の言葉で具体的に体調を訴えられない場合が往々にしてあります。頭痛は完治しなくともうまく付き合っていけば抑えられるものですので、ひとりで悩まずに相談しに来ていただければ力になれると思います。

頭痛に関する
この記事を読んだ人は
他にこんな記事も読んでいます。
記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。
掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。