井上眼科病院

診療科目

眼科

診療時間

午前 午後 その他
9:00 - 11:00 13:30 - 16:00
9:00 - 11:00 13:30 - 16:00
9:00 - 11:00 13:30 - 16:00
9:00 - 11:00 13:30 - 16:00
9:00 - 11:00 13:30 - 16:00
9:00 - 11:00 13:30 - 16:00

休診日:日・祝・年末年始

※診療時間は、変更される事や、診療科によって異なる場合があるため、直接医療機関のホームページ等でご確認ください

施設情報

駐車場 人間ドック カード 院内処方 セカンド
オピニオン
- -
公式サイト http://www.inouye-eye.or.jp/
アクセス JR総武線各駅停車御茶ノ水から徒歩1分
駐車場 有料:98台
混雑状況 混み具合
・常にとても混んでいます
・眼科: 月曜と金曜が特に混んでいる ※口コミや調査による未検証情報です。 あくまで参考レベルでの利用に留めてください。
カードによる
支払い
クレジットカードによる支払いが可能 ※条件によって利用できない場合があります。直接医療機関のホームページ等でご確認ください。
病床数 一般病床(34) ※カッコの中は病床数です。

医院からのお知らせ(現在お知らせはありません)

医院の求人(現在求人情報は登録されていません)

井上眼科病院の院長/関係者様へ
写真、お知らせ、求人の掲載は、下記よりお問い合わせください。

病院情報の誤りのご連絡は病院情報変更フォームをご利用下さい。
※よろしければ口コミウィジェットをご活用下さい

アクセス

最寄駅からの所要時間

JR総武線各駅停車御茶ノ水から徒歩1分

近隣の駅からの距離

  • 新御茶ノ水(東京メトロ千代田線)から0.07km
  • 御茶ノ水(JR中央線(快速))から0.13km
  • 御茶ノ水(JR中央・総武線)から0.13km

地図を見る

現在募集中の治験

QLifeでは、次の治験にご協力いただける方を募集しています。

井上眼科病院の最新口コミ(22件)

口コミをもっと見る

専門医

眼科専門医(6.2) / 麻酔科専門医(1) ※カッコの中は専門医の人数です。

短期手術、予防接種、介護・福祉など

}

対応可能な短期手術(日帰り)

水晶体再建術(白内障手術)

予防接種

インフルエンザ

介護・福祉、他院外サービス等

診療所

医療機器

眼底カメラ
除細動器
超音波画像診断装置
超音波眼軸・角膜形状測定装置
瞳孔視野計
網膜電位測定装置
光干渉断層計
角膜形状解析装置
ハンフリー視野計
ゴールドマン型視野計
ヘス・コージーメーター
ヤグレーザー
超音波白内障手術装置
硝子体手術装置
光学式眼内寸法測定
レーザー光凝固
眼底観察システム
トラベクトーム

井上眼科病院で行える先進的な医療

名医の推薦分野

この病院は、複数の有名専門医(※)の間で「自分や家族がかかりたい」と推薦されています。 推薦を受けた分野(科目、領域)は以下です。記載内容はいずれも取材・調査回答書より。※推薦、選定して頂いた有名専門医の一覧表

分野 眼科
特色 井上眼科病院は1881年(明治14年)に開設し、以来創立者の医療に傾ける精神を継承し130年を迎える。06年には外来部門を分離・独立させ、お茶の水・井上眼科クリニックを設立。08年1月には、井上眼科病院もリニューアルし、入院・手術の病院として開院。他に、屈折矯正の専門窓口の駿河台診療所を備え、「患者さま第一主義」「実証医学(EBM)に基づいた検査と治療」「『眼』の総合病院の確立」を基本理念とし、あらゆる眼疾患に対応できるよう眼の総合病院を目指してきた。
症例数 10年度の外来患者数325,029人、手術件数は、7,090件である

★一般外来では、すべての眼疾患を毎日8~11人の医師で対応。手術、入院相談、眼鏡、コンタクトレンズ相談、セカンドオピニオンの受け入れも行っている

緑内障外来=緑内障は、中高年を中心に患者様も多い慢性疾患である。通院、治療が長期にわたるため、医師と患者様との間に良好なコミュニケーションが必要であり、当院では、井上理事長を中心に常設の緑内障外来を開設。薬物治療、レーザー治療の他、年間約400例の手術を行っている。緑内障の診断には豊富な知識と経験はもちろん、各種の検査が必要である。当クリニックでは、緑内障の診断に必要な各種検査機器をそろえており、人間ドックや健康診断で緑内障、または緑内障の疑い(視神経乳頭陥凹を含む)と指摘された方や、緑内障の診断を受けて通院中の方や手術を勧められている方のセカンドオピニオンも受け入れている

神経眼科外来=視神経疾患(視神経炎、虚血性視神経症、レーベル病など)、複視(一つの物が二つに見える状態)、甲状腺眼症、重症筋無力症、眼球振盪(眼がゆれる)、原因不明の視力低下、眼瞼下垂、光視症(光がみえる)、眼痛頭痛、眼精疲労などを扱っている。また、最近は、眼瞼けいれん、顔面けいれんの治療に力を入れている。年間約4,000件を超えるボツリヌス毒(ボトックス)による治療、手術、薬物治療を行っている。神経眼科とは、網膜から脳までの視覚系、眼球運動や瞳孔の病気を扱う専門領域で、若倉院長が担当している

白内障手術=年間約5,000件で、超音波手術がほとんどである。特に手術が難しい症例(他の眼疾患を伴う白内障、小児白内障、他の全身の病気に伴う白内障等で約400例程度)には、徳田副院長があたる

網膜硝子体外来=主として網膜剥離、加齢黄斑変性、黄斑上膜、糖尿病増殖性網膜症などを扱い、難治例も多い。この外来では、的確な診断のもとに、手術や加齢黄斑変性に対する光線力学治療(PDT)を行っている。また、硝子体手術を多数例行っている西葛西・井上眼科病院とも連携を図っている

小児眼科外来=視機能発達の重要な時期である小児は、成人のように信頼できるデータがなかなか得られない。そこで、医師の指導のもと、視能訓練士が十分時間をかけて、丁寧に対応している。また、岡山副院長を中心に眼鏡などの矯正を行っても視力が出にくい弱視、放置すると視力や両眼で見る機能が侵される斜視の治療や管理を行っており、斜視の手術は年間約100件手がけている。その他、先天眼振や先天白内障などの先天性疾患も扱っている

角膜外来=一般の角膜疾患から、難治性の眼球表面の各種疾患、再発性翼状片などの治療を行う専門外来で、年間約30件の角膜移植を行っている

眼瞼外来(眼瞼下垂、眼瞼内反など)=約250件の眼瞼手術を施行

涙器外来(涙のう炎、鼻涙管閉塞など)=約100件の涙嚢鼻腔吻合術(DCR)を行っている。他にもぶどう膜炎外来、LASIK外来などの専門外来がある。
医療設備 ゴールドマン型視野計5台、ハンフリー自動視野計6台、前房蛋白細胞測定装置、共焦点レーザー走査型検眼鏡、超音波眼軸長・角膜厚測定装置、光干渉断層計2台、スペキュラー・マイクロスコープ、走査式周辺前房深度計、角膜形状解析装置、シノプトフォア、ヘス・コージメーター2台、オートレフラクトメーター、オートレフ・ケラトメーター2台、ノンコンタクト・トノメーター、ダイ・レーザー、ヤグレーザーなど。
  • セカンドオピニオン受入 ○
  • 初診予約 ○
  • 主治医指名 ○
  • 執刀医指名 ○

○=可能 △=条件付きで可 ×=不可 /=未回答

「医者がすすめる専門病院 東京都版」(ライフ企画 2011年11月)

看護師求人
薬剤師求人

インフォメーション

井上眼科病院を見ている方は、他にこんな病院を見ています

井上眼科病院の近くにある病院

カテゴリから病院を探す

おすすめの記事

病院情報について
病院情報は、QLifeおよび株式会社ウェルネスの独自収集情報、各都道府県の公開情報、医療機関からの情報提供に基づくもので、内容を完全に保証するものではありません。 受診の際は必要に応じ、診療内容、予約の要不要など、直接医療機関にお問い合わせください。 当サービスの利用により生じた損害についてQLifeおよび株式会社ウェルネスは賠償の責任を一切負いません。
口コミについて
口コミは、受診など、医療機関との実際の関係を持った第三者の主観によるもので、法人としてのQLifeの見解を示すものではありません。 あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。