診療科目

循環器科心臓血管外科 /循環器内科/循環器小児科

診療時間

午前 午後 その他
9:00 - 11:30 14:00 - 16:00
9:00 - 11:30 14:00 - 16:00
9:00 - 11:30 14:00 - 16:00
9:00 - 11:30 14:00 - 16:00
9:00 - 11:30 14:00 - 16:00
9:00 - 11:30

午前:月火水木金土(予約制)

午後:月火水木金(予約制)

休診日:第2.4土・日・祝

※診療時間は、変更される事や、診療科によって異なる場合があるため、直接医療機関のホームページ等でご確認ください

施設情報

駐車場 人間ドック カード 院内処方 セカンド
オピニオン
- -
公式サイト http://www.sakakibara-heart.com/hospital/
混雑状況 比較的混まない時間帯
・循環器内科: 木曜の午前 ※口コミや調査による未検証情報です。 あくまで参考レベルでの利用に留めてください。
カードによる
支払い
クレジットカードによる支払いが可能 ※条件によって利用できない場合があります。直接医療機関のホームページ等でご確認ください。
高度医療機器 DSA、MRI、SPECT、マルチスライスCT
外国語対応 英語
初診時にかかる
特別料金
5,400円 ※「病床数が200以上の病院について受けた初診」に係る特別の料金

榊原記念病院の院長/関係者様へ

写真掲載、お知らせ掲載を希望される場合下記よりお問い合わせください。お知らせ掲載は、メールで投稿ができる、便利な機能です。

写真・お知らせ掲載に関するお問い合わせ

榊原記念病院の院長/関係者様へ
病院情報の誤りのご連絡は病院情報変更フォームをご利用下さい。
※よろしければ口コミウィジェットをご活用下さい

ストリートビュー

拡大・縮小

最寄駅からの所要時間

京王電鉄京王線飛田給から北口徒歩15分

近隣の駅からの距離

  • 飛田給(京王線)から0.74km
  • 武蔵野台(京王線)から0.85km
  • 白糸台(西武多摩川線)から0.95km

榊原記念病院の最新口コミ(14件)

榊原記念病院で行える先進的な医療

専門医

専門医 周産期(新生児)専門医(2)/外科専門医(11)/小児科専門医(8)/循環器専門医(29)/心臓血管外科専門医(11)/放射線科専門医(2)/核医学専門医(1)/産婦人科専門医(4)/総合内科専門医(2)/臨床遺伝専門医(2)/超音波専門医(2)/麻酔科専門医(3) ※カッコの中は専門医の人数です。

その他の情報

この情報は都道府県の公開情報を元に、QLifeが独自に編集したものです。正確な情報に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。

対応可能な短期手術(一泊二日)

下肢静脈瘤手術

専門外来

睡眠時無呼吸症候群専門外来

名医の推薦分野

この病院は、複数の有名専門医(※)の間で「自分や家族がかかりたい」と推薦されています。 推薦を受けた分野(科目、領域)は以下です。記載内容はいずれも取材・調査回答書より。※推薦、選定して頂いた有名専門医の一覧表

分野 循環器科
特色 本院は循環器専門病院として77年に創設され、03年12月に現在の府中市に新築移転した(病床数320床)。10年の入院総数は延べ76,117人、外来(病院)総数67,284人、手術総数1,794人である。外来は病院と新宿NSビルの榊原記念クリニック(TEL:03-3344-3313)で行い、光ファイバーによるイントラネットを用いた電子カルテを採用しているため、どちらの施設を受診しても情報が共有できる。本院の特徴は急性期の循環器疾患に迅速に対応可能な点であり、循環器内科、心臓血管外科等の枠を超えた連携による診療を行っている。
症例数 ★CCU は開院よりスタートし、10年のCCU入室総数は907例であり、急性心筋梗塞は182例を収容し、院内死亡率は4.9%と低い。また、急性大動脈解離症は113例を収容し、緊急手術に関し心臓血管外科とのチームワークを図っている

心血管カテーテル室=10年の循環器内科における造影カテーテル総数は3,490例、冠インターベンション(PCI)908例であり、PCI 症例のうち231例(29%)は急性冠症候群に対する治療である。大動脈ステント内挿術(Endovascular Aneurysm Repair: EVAR)は1年間で39例に施行され、年々増加傾向にある。肥大型心筋症に対する経皮的中隔心筋焼灼術(PTSMA)も定期的に行われ、今後このような非虚血性心疾患に対するカテーテルインターベンションも飛躍的に増加していくことが予想され、新たにハイブリッド手術室をオープンさせた

★不整脈では、10年にはカテーテルアブレーションは心房細動に対しても定期的に施行され、全体で計153件施行した。ペースメーカーは233例、ICD83例の植え込みを行った。また、低心機能症例に対する心臓再同期治療(CRT)は17例に施行し、新しい心不全治療として定着した。加算平均心電図はICD適応の決定、ブルガダ症候群の診断に役立てている

★心臓リハビリテーションは、急性期治療以外のもう一つの当院の特徴である。医師、看護師、理学療法士などの医療職から、運動指導者、臨床心理士に至るまで、様々な専門職により、術後早期から外来リハまで、年間1,300人近い患者への包括的な介入が行えるまでに成長した。筋力トレーニングマシンによる心疾患患者へのレジスタンストレーニングを開始。また、低温サウナを利用した心不全患者への和温療法も行っている

★超音波検査は、10年の心血管エコー図検査総数(成人)は24,309件であった。このほか集中治療室を中心に小型携帯心エコーが盛んに使用され、また榊原記念クリニックでも6,651件の心血管エコー図検査が行われた。05年にオープンしたストレスエコー室は着実にその実績を伸ばし、とくに経食道心エコー図については弁膜症や急性大動脈解離症例を中心にリアルタイム3次元経食道エコー図を含め1,478例に施行された

★非侵襲的画像診断(核医学・CT・MRI)では、核医学検査は年間2,405件、うち運動および薬剤による負荷心筋シンチが1,081件であった。CT検査では冠動脈CTの件数は年間2,115件になる。また心臓MRIは年間596件行われ、シネモードによる形態評価や心機能評価、造影剤を用いた心筋血流の評価と遅延造影の評価などを行っている。これらは診断およびバイパス術やカテーテルインターベンションの適応を検討する際に活用している。
医療設備 CCU12床、心臓カテーテル室4室(ハイブリッド手術室を含む)、心臓超音波装置、ホルター心電計、加算平均心電図、心臓核医学、2管球型マルチスライスCT、MRI、トレッドミル、CPX(心肺運動負荷試験)など。
所属スタッフ 住吉徹哉副院長・榊原記念クリニック院長(循環器、虚血性心疾患)、梅村純副院長(循環器、不整脈)、高山守正副院長(循環器、虚血性心疾患、心筋症、インターベンション)、吉川勉部長(循環器、心不全)、長山雅俊部長(循環器、心臓リハビリテーション)、浅野竜太部長(循環器、虚血性心疾患、インターベンション)、井口信雄部長(循環器、画像診断)、桃原哲也部長 (循環器、CCU、大血管疾患、インターベンション)、渡邊弘之部長(循環器、弁膜疾患、心臓超音波検査)他、スタッフ計16人。
所属医師 住吉 徹哉  1947年生まれ 岐阜大学医学部卒
  • セカンドオピニオン受入 ○
  • 初診予約 ○
  • 主治医指名 ○
  • 執刀医指名 /

○=可能 △=条件付きで可 ×=不可 /=未回答

「医者がすすめる専門病院 東京都版」(ライフ企画 2011年11月)

分野 心臓血管外科
特色 03年12月に代々木から府中へ移転して8年、地域支援型循環器専門病院として疾患の重症度や年齢などに関係なく、地域の医療機関と連携しながら診療を行っている。患者中心の医療を目指し、「急患は絶対に断らない」をモットーに24時間、手術可能な救急治療体制をとっている。http://www.shi-heart.org/guide/top.html
症例数 月曜日から土曜日までの予定手術に加えて、緊急手術にも随時対応。成人心臓血管手術、小児(新生児・乳児)心臓手術を行っている(小児心臓外科部長:高橋幸宏副院長他)。10年度手術総数は1,794件(成人1,073例)であり、心臓大血管864例、腹部・末梢血管209例であった。単独の冠動脈バイパス術では221例(死亡率0%)のうち201例をオフポンプ(心拍動下)にて施行。特に糖尿病患者のびまん性冠動脈病変に対する血管再生術に積極的に取り組んでいる。また、弁膜症手術では289例(死亡率1%)のうち93例を弁形成術、2弁置換術を32例、胸部大血管術では147例(死亡率4%:うち半数の80例が緊急手術)、複合手術177例であった。07年より腹部大動脈瘤に対してステントグラフト内挿術も行っており、胸部大動脈瘤に対しても今後予定する。当院では超高齢者・臓器合併症を持つハイリスク症例・再手術に関しても積極的に取り組んでおり、常に患者の基礎疾患を考慮しながら、信頼のおける循環器内科医と最良の方法を選択する。
医療設備 ICU、CCU、準CCU、NICU、CT、MRI、心臓核医学検査、人工心肺、PCPS、IABP、CHDF、シネアンギオ室など。
所属スタッフ 高梨秀一郎主任部長、福井寿啓副部長、田端実、新本春夫、加瀬川均(現:半蔵門循環器クリニック院長)、専修医13人。
所属医師 高梨 秀一郎  1958年生まれ 愛媛大学医学部卒
  • セカンドオピニオン受入 ○
  • 初診予約 ○
  • 主治医指名 △
  • 執刀医指名 △

○=可能 △=条件付きで可 ×=不可 /=未回答

「医者がすすめる専門病院 東京都版」(ライフ企画 2011年11月)

分野 小児医療
特色 当院は循環器専門病院で、当科は先天性心疾患に対する手術を専門としている。手術を行うべき時期は、同一の疾患であっても個々の患児で異なる。手術を待たせることなく、患児に最も適切なタイミングで手術を行う体制を整えている。
症例数 関東周辺だけでなく、全国各地からの緊急手術依頼にも24時間対応している。10年の手術数は、総数501例(人工心肺使用開心術434例、非開心手術および姑息手術67例)であった。手術死亡率は2.5%

★常に患児の低侵襲を考えて診療に当たっている。小児心臓手術での唯一の低侵襲化手段は短時間での手術であり、成績の向上だけでなく、術後の早期回復に最も重要である。また、手術時間の短縮は、予定手術の患児を待たせることなく、緊急および準緊急手術を最も適切な時期に行うことにつながる。手術を行った501例中197例は新生児期および乳児期の手術であり、1日2~4例の手術を実施したのは196日であった

★世界に先駆けて、小型人工心肺の開発に取り組み、このことは体外循環自体の低侵襲だけでなく、輸血量の削減に大きく貢献している

★97年よりラステリ手術およびロス手術の右室流出路再建にゴアテックス3弁を用いている。抗凝固療法が不要など、小児には極めて有用と考えられる。
医療設備 ICU、CCU、新生児ICU、人工心肺、PCPS(経皮的人工心肺補助装置)、IABP(大動脈内バルーンパンピング装置)など、小児心臓手術に必要な設備はすべて揃っている。
所属スタッフ 高橋幸宏副院長・外科主任部長、安藤誠副部長、和田直樹医長、専修医4人。
所属医師 高橋 幸宏  1956年生まれ 熊本大学医学部卒
  • セカンドオピニオン受入 ○
  • 初診予約 ○
  • 主治医指名 ○
  • 執刀医指名 ○

○=可能 △=条件付きで可 ×=不可 /=未回答

「医者がすすめる専門病院 東京都版」(ライフ企画 2011年11月)

名医の推薦分野をもっと見る

治療実績

疾患名 病気名 治療実績 順位
合計件数 手術あり 手術なし 東京都 全国
神経系疾患 脳の障害(その他) 10 0 10 19位 -
耳鼻咽喉科系疾患 睡眠時無呼吸 33 0 33 - -
呼吸器系疾患 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎 35 0 35 - -
誤嚥性肺炎 12 0 12 - -
循環器系疾患 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 145 132 13 5位 49位
狭心症、慢性虚血性心疾患 2220 930 1290 1位 7位
心筋症(拡張型心筋症を含む。) 187 71 116 1位 2位
頻脈性不整脈 557 239 318 1位 16位
弁膜症(連合弁膜症を含む。) 831 361 470 1位 1位
心内膜炎 27 11 16 1位 3位
心不全 452 57 395 1位 11位
解離性大動脈瘤 141 107 34 1位 5位
破裂性大動脈瘤 19 19 0 1位 4位
非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 313 157 156 1位 3位
閉塞性動脈疾患 173 135 38 4位 41位
静脈・リンパ管疾患 40 40 0 18位 -
肺塞栓症 16 0 16 22位 -
循環器疾患(その他) 11 0 11 15位 -
徐脈性不整脈 284 256 28 1位 3位
その他の循環器の障害 14 0 14 11位 -
筋骨格系疾患 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 10 0 10 - -
腎・尿路系疾患及び男性生殖器系疾患 急性腎不全 10 0 10 - -
女性生殖器系疾患及び産褥期疾患・異常妊娠分娩 早産、切迫早産 16 0 16 - -
胎児及び胎児付属物の異常 39 0 39 37位 -
妊娠中の糖尿病 13 0 13 20位 -
分娩の異常 20 20 0 27位 -
血液・造血器・免疫臓器の疾患 貧血(その他) 13 13 0 - -
新生児疾患、先天性奇形 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害 17 0 17 - -
気道の先天異常 10 0 10 3位 7位
動脈管開存症、心房中隔欠損症 162 105 57 1位 4位
先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。) 756 388 368 1位 1位
その他 手術・処置等の合併症 67 40 27 30位 -

榊原記念病院を見ている方は、他にこんな病院を見ています

榊原記念病院の近くにある病院

おすすめの記事

インフォメーション

病院情報について
病院情報は、QLifeおよび株式会社ウェルネスの独自収集情報、各都道府県の公開情報、医療機関からの情報提供に基づくもので、内容を完全に保証するものではありません。 受診の際は必要に応じ、診療内容、予約の要不要など、直接医療機関にお問い合わせください。 当サービスの利用により生じた損害についてQLifeおよび株式会社ウェルネスは賠償の責任を一切負いません。
口コミについて
口コミは、受診など、医療機関との実際の関係を持った第三者の主観によるもので、法人としてのQLifeの見解を示すものではありません。 あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。