アクセスランキング(07月26日更新)

  • 先々週:15位
  • 先週:16位
  • 今週:17位
つぶやく いいね! はてなブックマーク GooglePlus
薬価 1錠あたり9.6円
剤形 うすいだいだい色の錠剤、直径5.0mm、厚さ2.3mm
シート記載 (表)プレドニン 5mg、(裏)プレドニン 5mg 341 5
薬効分類 個々の器官系用医薬品 > ホルモン剤(抗ホルモン剤を含む。)
主成分

プレドニゾロン

同じ成分の薬

この薬の添付文書

薬には効果(ベネフィット)だけではなく、副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

作用と効果について

合成副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)で、抗炎症作用、抗アレルギー作用、免疫抑制作用のほか、広範囲にわたる代謝作用を示します。
通常、内科・小児科、外科など各科のさまざまな病気の治療に用いられます。
ただし、病気の原因そのものを治す薬ではありません。

次のような方は使う前に必ず担当の医師と薬剤師に伝えてください。

以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。感染症、全身の真菌症、消化性潰瘍、精神病、結核、単純疱疹性角膜炎、後嚢白内障、緑内障、高血圧症、電解質異常、血栓症がある。最近内臓手術を受けた。急性心筋梗塞を起こしたことがある。

妊娠または授乳中

他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。

用法・用量

通常、成人は1日1~12錠(主成分として5~60mg)を1~4回に分けて服用しますが、治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されます。
川崎病の急性期に使用する場合は、通常、体重1kgあたり1日2mgを3回に分けて服用します。1日最大量は60mg(12錠)までです。
いずれの場合も、必ず指示された服用方法に従ってください。

飲み忘れた場合は、気がついたときにすぐに飲んでください。ただし、次に飲む時間が近いときは、1回とばしてください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。

誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。

医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。急に薬を中止すると不都合な症状があらわれることがあります。

副作用について

主な副作用として、満月様顔貌、発疹などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

・かぜのような症状、倦怠感、発熱 [誘発感染症、感染症の増悪]

・吐き気、のどが渇く、疲れやすい [続発性副腎皮質機能不全、糖尿病]

・吐き気、便が黒くなる、腹痛 [消化管潰瘍、消化管穿孔、消化管出血]

・気分が落ち込む、やる気がおきない、筋肉の発作的な収縮 [精神変調、うつ状態、けいれん]

・腰・背中の痛み、関節の痛み、筋肉のこわばり [骨粗鬆症、大腿骨および上腕骨などの骨頭無菌性壊死、ミオパチー]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

保管方法その他

乳幼児、小児の手の届かないところで、直射日光、湿気を避けて室温(1~30℃)で保管してください。

薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。

生ワクチンの接種を受けるときは、必ず医師に相談してください。

更新日付:2014年08月07日

プレドニンに関する医師Q&A

Powered by AskDoctors

※回答を見るには別途AskDoctorsへの会員登録が必要です。

医療者の実際の評価

※ プレドニンという名の全薬剤(形は異なるが成分は同じ)の評価を掲載しています。「医療者の実際の評価」についての詳細はこちらをご覧ください。

医師 50代 公立病院 リウマチ科

私の処方の仕方 副腎皮質ステロイド剤でもっとも使用頻度の高い薬剤です。
多くの自己免疫疾患や炎症性疾患に無くてはならない薬剤であり、これの登場により、これまで生命予後の短かった疾患で、予後が大幅に改善し、死亡率も下がっています。
ただ、たくさん使用すると、ホルモン作用があり必ず副作用が生じます。そこに注意しながら使用していきます。
ただし副作用があるからと急に使用を中止すると副腎不全を生じる事があり、大変危険です。

この評価に他の医療者から補足

さらに!薬剤師 30代 保険薬局[投稿日:2016年 04月 16日]

3ヶ月以上この薬を服用する場合は、骨粗鬆症の予防がとても大切になりますので、併用薬に注意しましょう。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

医師 40代 診療所(開業医) 眼科

私の処方の仕方 いろいろな病気に使用される超有名な薬で、合成副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)です。
効果もたくさんありますが、副作用もたくさんあります。
使用量が多かったり、投与期間が長くなると、副作用の程度や頻度が増えるので注意して使う必要があります。
価格は安いです。
昔から使われている薬なのでエビデンスは豊富です。
塩野義製薬が製造販売元です。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

続きを見る

併用禁忌(禁止)・注意の処方薬

薬の併用には専門的な判断が必要です。必ず、医師、薬剤師に相談してください。

もっと見る

おすすめの記事

他の薬(同じ主成分)

もっと見る

他にこんな薬を調べています

医療者の実際の評価(続き)

医師 30代 大学病院 腎臓内科(高血圧内科)

私の処方の仕方 様々な炎症性の疾患に使う抗炎症薬です。
腎臓内科の領域では慢性、急性の糸球体腎炎の治療に用います。
非常に質の高いエビデンスのある薬剤です。
ただ、血糖値上昇、免疫抑制、骨粗鬆症など様々な副作用がありますので、患者さんには治療の必要性と副作用、その予防法について時間をかけて説明します。

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 「ステロイド治療といえば、糖尿病になったり、免疫抑制で感染症になったり、moonface(満月様顔貌:顔や体幹などの中心部に脂肪がつく症状)になったりという副作用がいろいろあるイメージがあるのですが、大丈夫ですか?」と質問されることがありますが、
「それらの副作用を考えてもなお、治療しないといけない重篤な疾患ですし、ステロイド治療をすることによって疾患の予後が非常に改善します。」と回答しています。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

薬剤師 30代 調剤薬局 女性 埼玉県

ベネフィット(効果) 様々な炎症を抑えるお薬です。
自己判断で増減せずに医師の指示どおりに服用してください。
ステロイドホルモンです。
中止するときにも漸減していくので医師の指示どおりに服用しましょう。

リスク(副作用など)と対処法 副作用としてむくみ、血糖値上昇、胃腸障害などでることがあります。
ステロイドホルモンとして作用しますので副作用がでることがあります。
ひどい場合は減量など調節していくこともありますので必ず医師に相談してください。

実用的な特徴 半錠にして文法してお渡ししたりしますが、小さくて患者さんがなくしやすい。
急にやめると副作用でることあるので漸減して減量していく。
血液検査など定期的にしているか確認していく。

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 プレドニン5とプレドニンゾロン1で強さを勘違いされてしまうことがあります。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

薬剤師 40代 ドラッグストア

ベネフィット(効果) プレドニンは副腎皮質ステロイドで強力な炎症を抑える薬です。
副腎皮質ホルモンはもともと副腎からごく微量分泌されている物質です。
但し、治療のためには大量に用いる場合も多いので続けて服用する場合注意が必要です

リスク(副作用など)と対処法 ステロイドの自己中止は副腎不全のショック症状を起こすこともあるので処方通りにきちんと飲み切るようにしてください。
飲み忘れた場合も服用時間を変えて原則一日量を飲むようにしてください。

実用的な特徴 プレドニン錠はうすいだいだい色の錠剤で直径5.0mmの大きさです。
厚さは2.3mmと小さく飲みやすいです。
ヒートの場合特に保存法で気を付けることも無いとは思いますが涼しい場所に保管してください

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 胃を荒らすことがあるので胃薬と一緒に処方されることがあります。
その場合一緒に飲み切るようにしてください

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

医師 30代 大学病院 膠原病内科

私の処方の仕方 最も一般的なステロイドの薬。
副腎から出ているホルモンの製剤であり、膠原病などの自己免疫疾患においては第一選択として使用されることが非常に多い。
メドロールやデカドロン、リンデロンといった他のステロイド製剤もあるが、膠原病疾患においては経験的にプレドニンが最初に使用される場合が圧倒的に多い。
プレドニンで効果が不十分な場合や、ステロイドパルス療法など超大量にステロイドを投与する場合にはミネラルコルチコイド作用の少ないメチルプレドニンを使用する。

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 「副作用が多いんでしょ?」と質問されることがありますが、
「ステロイドの作用は多岐にわたるため、患者さん自分にとって望ましくない効果が出た場合は全て副作用、有害事象とされますますから、副作用が多いということになるのです。」と丁寧に説明します。予防できる副作用に対しては予防策を講じ、あわせて食事療法など患者自身が気を付ける必要があるものもあることも説明します。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

医師 40代 その他 呼吸器内科

私の処方の仕方 抗炎症作用として、自己免疫性疾患だけでなくCOPDや喘息発作時の症状緩和目的で内服してもらうことが多い。
有害事象として、易感染、消化器毒性や出血、精神症状の出現、食欲増進による肥満などがある。
剤型が小さいため、目の悪い高齢者への投与には気を遣うことが多い(飲み残しのインシデントなど)。
比較的簡便な割には高額な薬剤でもないため、使用頻度が比較的多い。

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 剤型が小さいため、あまり重要な薬剤として見られないこともあるようだ。そのため、
「退薬症状がないように1日複数回の内服ではなく、できる限り簡便に1回処方としているが、大切な薬剤です。」と十分説明する。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

薬剤師 30代 その他

ベネフィット(効果) 炎症を抑えるお薬です。
副腎皮質ホルモン製剤といって、最も強力な抗炎症作用をもつお薬で、比較的効果も早く出てきますので、効果が実感できない場合は、別の原因も考えられる為、主治医の先生にご相談下さい。

リスク(副作用など)と対処法 効果が高い種類のお薬ですが、それなりに悪い作用もあります。
1番知られているのが免疫力の低下です。
炎症自体が、体の免疫力によってひき起こされる為に、それを抑える薬イコール、風邪などへの免疫力も抑えてしまうのです。

実用的な特徴 飲み薬、坐剤、塗り薬などありますので、決められた容量をきちんと守って下さい。
勝手な判断で止めたりしないようお願いします。
ホルモン製剤なので、記載されている使用期限は必ず守って下さい。

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 比較的即効性がある為、勝手な判断でやめない様にお願いします。
体に異変が出てきたら、なんでもいいのですぐに主治医の先生か、かかりつけ薬局に相談してほしいとお伝えします。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

医師 30代 大学病院 消化器外科(肛門科・消化管外科)

私の処方の仕方 もっともポピュラーなステロイド薬である。
免疫系に作用する。
炎症性腸疾患であるクローン病や潰瘍性大腸炎など難病に対して、他の免疫抑制薬とあわせて用いられる。
ステロイドはもちろん漸減させて外来でも用いることができる。
副作用は非常に多岐にわたる。消化器系としては消化管出血や膵炎がメジャーか。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

医師 40代 私立病院 腎臓内科(高血圧内科)

私の処方の仕方 ステロイドの代表薬として、各種自己免疫疾患、炎症性疾患に必須の薬です。
副作用が多いのは確かですが、その分効果も確かで、用量調整をしっかりすることで、副作用を最小限に抑え、最大限の効果を得ることができるかと思います。
味が苦いのでやや飲みにくいのがたまにきずですが、そのぶん、効果は確かなものがあります。

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 「ステロイドの副作用について教えて欲しい」との質問がありますが、
そのような場合には曖昧にせず、頭の先(脱毛)から足先(皮膚の変化)まで、起こり得ることを全部説明して納得していただいております。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

薬剤師 40代 私立病院

ベネフィット(効果) アレルギーなどの免疫反応を強力に抑えます。
服用し続けると易感染性や血糖値の上昇が見られることがあります。
風邪の流行時などは人ごみに近づかない、マスク手洗いうがいを行うようにしてください。
免疫機序の様々な症状を強力に抑えます。

リスク(副作用など)と対処法 過度な免疫反応を強力に抑えます。
それにより感染症になりやすくなったり、糖尿の症状が出たりすることがあります。
マスクうがい手洗いは励行するようにしてください。
顔がむくむこともあります。
副作用をよく観察しながら使用するので定期的に受診してください。

実用的な特徴 水に溶けやすく粉砕・懸濁ともに可能です。
懸濁する場合は温湯に溶かして注入して下さい。
室温で湿気を避けて保存してください。
錠剤の表面に斑点が見られることがありますが、使用色素が着色するためで特に問題はありません。
そのまま服用してください。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

医師 60代以上 私立病院 腎臓内科(高血圧内科)

私の処方の仕方 合成副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)です。
以前に私は腎臓移植やIGA腎症患者の扁摘+プレドニンパルス療法に従事していましたので、プレドニンは否応なく大量使用の経験があります。
プレドニンは投与は易しく、切るのは極めて難しい薬剤の典型です。
安易に使用しないことが大事です。
しかし、使用適応症の場合では、躊躇無く(綿密な減量、中止計画を立てたうえで−自分の経験に基づいて)使用をします。
患者さんはステロイド信奉者とステロイド忌避者に分かれますが、病気の原因、内容、使用方法を詳しく説明することで、大概は使用の了承を得ています。
これだけ評価の分かれる薬の割には、ただみたいな安さです。
塩野義製薬が製造販売者です。

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 「プレドニンは怖いイメージがあるのですが。」という患者さんがいますが、
「安易に使用してはいけない薬剤ではあるが、逆にプレドニンを使用しなければ絶対に改善しない病もあります。絶対に自分の判断で薬の服用量(当然中止も含め)を変えてはいけません。」と説明しています。プレドニンに限らず、ホルモン剤一般の注意をしています。安易に使用してはいけない事を強調することで、逆に患者さんの承諾が得やすくなる、希有な薬剤です。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

医師 60代以上 診療所(勤務医) 消化器内科(胃腸科・内視鏡科)

私の処方の仕方 副腎皮質ホルモン剤であり、非特異性疾患や自己免疫疾患などに積極的に投与されている。
数少ない有効な薬剤であるが、副作用も重大なものが多い。
したがって、プレドニン投与時には副作用の説明をし、投与量のテーパリング(漸減法、薬剤などを少しずつ減らすこと)並びに投与中止を視野に入れて投与すべき薬剤である。
できれば専門医による処方並びに監視が重要である。
花粉症などの軽度のアレルギー疾患に投与すべき薬剤ではないと考えている。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

医師 40代 私立病院 消化器外科(肛門科・消化管外科)

私の処方の仕方 いわゆるステロイド薬です。
炎症をしずめたり、免疫系をおさえる作用があります。
炎症性の病気、免疫系の病気、アレルギー性の病気などに広く使用されています。
たとえば、膠原病、ネフローゼ、関節リウマチ、重い喘息、ひどいアレルギー症状、めまい、耳鳴りなど幅広く用いられます。
ただし多様な副作用があるので使用には注意が必要です。
剤形には、錠剤のほかに眼軟膏があります。
発売元のメーカーは、塩野義製薬です。

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 「副作用はありませんか?」と聞かれることがありますが、
「ステロイドといっても必要以上に気にしなくても良いですよ。」と使用法についてよく相談しています。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

薬剤師 40代 調剤薬局

ベネフィット(効果) いわゆるステロイド製剤で、体内での異常な免疫亢進をおさえて、炎症を取り除く薬です。
ステロイドは、体内でも生合成されているため、そのリズムにそって、投与量、投与回数が設定されています。

リスク(副作用など)と対処法 決められた投与量、投与回数、投与時期を守らないと、効果が見られないだけでなく、逆にひどくなることがあります。
自分の判断で、勝手に薬を飲むのをやめてはいけません。

実用的な特徴 小さい錠剤ですので、確実に口の中に入ったことを確認してください。
特に、半錠を使用する場合は、残りの半錠の保存には気を付けてください。
なくされないようにして下さい。

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 「こんな小さな薬だったら、飲まなくても一緒ではないか?」とのご質問には、「小さい薬だからといって、馬鹿にしては行けませんよ。
非常によく効く薬なので、用法容量を必ず守ってください。」とお答えします。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

QLifeの健康・医療の特集記事

ご利用に当たっての注意事項

  • ・掲載している情報は、塩野義製薬株式会社の提供情報を元に、くすりの適正使用協議会が独自に編纂したものです。正確な情報に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
  • ・掲載している併用禁忌・併用注意の情報は、医療用医薬品の添付文書を元に薬剤師が監修して作成したものです。内容を完全に保証するものではありません。
  • ・プレドニン錠5mgを適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(電話:0120-149-931)にご相談ください。
  • ・より詳細な情報を望まれる場合は、担当の医師または薬剤師におたずねください。
  • ・当サービスによって生じた損害について、株式会社QLife及び、くすりの適正使用協議会、株式会社ネグジット総研ではその賠償の責任を一切負わないものとします。

「医療者の実際の評価」はあくまで参考材料のひとつに

  • ・法律で「医薬品等の適正使用と有効性・安全性の知識と理解を深める努力」が「患者責任」と規定されたこと、また「他の薬を試したい」時に医師に訊けずに転医してしまう患者が少なくない実態を解消する支援をしたいと考え、1)生活者・医療者間の会話の糸口・参考例、2)医薬品についての関心や知識を深めるきっかけ・参考材料、として提供しています。詳細はこちらをご覧ください。
  • ・薬口コミの内容は不完全です。これだけで服薬中断や変更の判断は絶対にしないでください。
  • ・専門家が審査したうえで公開しています。「明らかに間違った内容」「著しく読む人への配慮に欠ける、または誤解を招く表現」のほか、「服用を強く恐怖させる表現」「処方を強く否定する記述」「強い断定」「多量摂取の推奨」「適応外処方の推奨」などを排除しています。ただし問題の「評価」を見つけた場合は、お手数ですが「問題投稿通報」からお知らせください。