シェーグレン症候群とは:ドライマウスやドライアイが続いたら・・・シェーグレン症候群かも!?

シェーグレン症候群は、患者数が50万人以上と推定される自己免疫疾患のひとつ。40~70代の女性に多く、ドライマウスやドライアイ、関節痛、疲れやすいといった症状がみられます。ドライマウスの原因はさまざまありますが、その病気の中で、近年注目されているシェーグレン症候群について、専門の先生にお話を伺いました。

Vol.1 ドライマウス、ドライアイが続いたら、シェーグレン症候群の可能性も

シェーグレン症候群とは:Vol.1 ドライマウス、ドライアイが続いたら、シェーグレン症候群の可能性も

ドライマウスやドライアイの原因には、年齢やストレス、薬の副作用のほかに、病気によるものがあります。その代表的なものがシェーグレン症候群です。40~70代の女性に多くみられ、その患者数は50万人以上と推定されています。ところが、シェーグレン症候群と診断され治療を受けているのは、わずか7万5千人ほどにすぎません。……

⇒記事を読む

Vol.2 ドライマウスが3か月以上続いたら…シェーグレン症候群のサインとは

シェーグレン症候群とは:Vol.2 ドライマウスが3か月以上続いたら…シェーグレン症候群のサインとは

唾液の分泌が少なくなり、口の中が乾燥するドライマウス。「歳だから仕方ない」と思い込んでいませんか?ドライマウスの原因は、薬の副作用や全身の病気によるものなどさまざまで、内科や婦人科、膠原病科などで治療を行うこともあります。ドライマウスの原因となる病気の中で、近年注目されているのがシェーグレン症候群です。……

⇒記事を読む

Vol.3 生活の質を低下させるシェーグレン症候群 この病気の対処法は?

シェーグレン症候群とは:Vol.3 生活の質を低下させるシェーグレン症候群 この病気の対処法は?

口や目が乾くドライマウスやドライアイといった症状のほか、関節痛、疲れやすいといった全身症状がみられることもあるシェーグレン症候群。なかでもドライマウスは8割以上の患者さんにみられ、口内の痛みや味覚障害などを引き起こすことによって生活に大きな影響を及ぼします。また、シェーグレン症候群は女性に多く……

⇒記事を読む

Vol.4 シェーグレン症候群と上手に付き合うために

シェーグレン症候群とは:Vol.4 シェーグレン症候群と上手に付き合うために

シェーグレン症候群は、40~70代の女性に多い自己免疫疾患のひとつです。口が乾くドライマウスや、目が乾くドライアイといった乾燥症状のほか、関節痛や疲労感がみられることもあります。本来、体を守るために備わっている免疫に異常が起こり、自分自身の唾液腺や涙腺などを誤って攻撃してしまう病気ですが……

⇒記事を読む

Vol.5 日常生活への影響も大きい 多様な症状を引き起こすシェーグレン症候群

シェーグレン症候群とは:Vol.5 日常生活への影響も大きい 多様な症状を引き起こすシェーグレン症候群

代表的な症状にドライマウスやドライアイなどがあるシェーグレン症候群。これらの乾燥症状に加え、疲労感や痛みなどを伴うことも多く、その症状は多岐に渡ります。シェーグレン症候群患者の実態を調査報告した「日本シェーグレン白書」(日本シェーグレン症候群患者の会発行)によると……

⇒記事を読む

Vol.6 シェーグレン症候群患者さんのサポート体制

シェーグレン症候群とは:Vol.6 シェーグレン症候群患者さんのサポート体制

ドライマウス、ドライアイなどの乾燥症状のほか、疲労感や関節の痛みなど、さまざまな症状が現れる自己免疫疾患・シェーグレン症候群。根治する方法はまだなく、国の指定難病となっています。身体面だけでなく、精神面や経済面でも大きな負担を強いられているシェーグレン症候群の患者さんに……

⇒記事を読む