[がん治療で注目の栄養療法とは] 2014/02/28[金]

 多くのがん患者さんが「悪液質」(筋肉が著しく衰える、複合的な栄養不良状態)に悩んでいます。その原因の一つに抗がん剤を使った時に発生する、食欲不振や嘔吐があります。これらの副作用を抑える投与法や制吐剤が研究されているものの、同時に、積極的に栄養管理しようとする動きも全国で広がっています。2000年頃よりNST(Nutritional Support Team:栄養管理をする職種横断チーム)を設置する病院が増加、国も診療報酬面でこれを後押ししています。具体的な方法としては、食事にプラスする形で摂取する栄養剤や栄養補助飲料などがありますが、そもそも患者さん側に“抗がん剤に嘔吐はつきもの”“栄養は医者の問題でなく個人の問題”との先入観で医療者に相談しないケースも多くみられています。そこでQLifeでは、抗がん剤治療経験者500名に対し、2014年1月12~21日にインターネットで栄養補給の実態や意識を問うアンケートを実施しました。その結果をご紹介します。

抗がん剤の副作用と栄養補給の状況について

副作用の症状を聞いたところ、「食欲不振」も「吐気・嘔吐」も、抗がん剤治療を行った患者さんの半数以上に出現しました。また、「食事で困った」経験も、約半数の患者さんがしています。

抗がん剤治療における副作用で、どんな症状がありましたか。(複数回答)

栄養補給の実態について

「栄養補給の指導あった」患者さんは4人に1人で、うち「毎日実践した」のはそのうちの約4割でした。「医療者に栄養補給を相談したことある」のは患者さんの4人に1人で、「栄養剤や栄養補助飲料を使った」経験は16%の患者さんにありました。

栄養補給の実態について

抗がん剤治療中の栄養補給に関する意識

4人に3人の患者さんが「抗がん剤のためなら食欲不振や体重減少も我慢」と考えていました

抗がん剤治療中の栄養補給に関する意識

栄養剤などの摂取は“守り”ではなく、“攻め”の治療

 抗がん剤治療を行ったがん患者さんの多くが、治療中の食欲不振や体重減少を我慢し、栄養面の指導を受けながらも上手く実践できず、また食事にも困っていたことが分かりました。しかしながら、医療者に相談したことがある患者は約4人に1人、医療者から処方または勧められた栄養剤や栄養補助飲料を使ったことがあるのは約6人に1人に留まっています。多くの患者さんが「食事で最低限の栄養補給が行えている」「栄養剤は食事がままならない人のためのもの」と考えており、積極的に栄養強化しようとはしていない様子が伺えます。この結果について、がん研有明病院 消化器外科胃担当部長・栄養管理部部長の比企直樹先生は「まだまだ栄養剤の活用意義が患者さんに理解されていないと思います。抗がん剤の副作用で絶食状態になったり、食べやすいものに食事内容が偏ってしまいがちなので、栄養を補うことは重要です。不足分を補うという意味だけでなく、例えば、一部の栄養補助飲料に含まれるEPAにはがんの炎症を抑える働きがあることが分かっています。栄養剤というと、多くの方はサプリメントやドリンク剤を想像すると思いますが、私たち医師が選択するものはエビデンスに基づき病態別に使い分けされるものです。一方、体重減少に対する意識は残念ながら医療従事者にもまだまだ低いのではないかと考えています。治療継続に重要なのは患者さんの体力が良好な状態にあることです。手術や化学療法で生じる体重減少を我慢させるのではなく、予防・改善策を講ずるべきです。“足りない部分を補う”守りの栄養補給ではなく、“がん治療を後押しする”攻めの栄養補給が患者さんの予後を高める有効な1手段であることを、もっと知って欲しいですね。」とコメントしました。

詳しい調査内容は以下のpdfファイルより

抗がん剤治療経験者対象 栄養補給に関する調査 結果報告書

比企直樹(ひき・なおき)先生

がん研有明病院 消化器外科胃担当部長・栄養管理部部長
北里大学医学部卒。東京大学附属病院分院、東京大学大学院、癌研究会有明病院などを経て、現在、がん研有明病院 消化器外科胃担当部長・栄養管理部部長。
日本外科学会専門医、日本消化器外科学会専門医、日本胃癌学会幹事など。

ヘルスケアニュース

記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。
掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。