国立病院機構 大阪医療センター

看護婦さんがいい人だと良いですね

ボンビーさん 30~40代男性(2009年05月22日投稿) 私の母親は、一昨年の5月悪性リンパ腫でなくなりました。
住まいは三重県ですが、初めは大学病院で治療してもらったのですが、3ヶ月ほど治療のあといったん退院。
しかし、2ヶ月も発たない内に再発、本当に怖い病気です。
再入院をしたかったのですが、大学病院のベットの空きが無く、病院の紹介で元大学病院にいた医師が行っていると言う事で、同じ市内の病院に遠山病院に入院しました。
そこでは医師も看護婦も親切にしてもらえ、大学病院だとMRIを取るのにも予約して何週間後だったのが、病状によって直ぐ手配してもらえたり、いったん病状が回復したので退院をし、暫く通院していたのですが、2ヶ月ほどで又再発。
直ぐ入院させてもらえました。
しかし、担当医師の方から余命半年位と言われ正直ショックでしたが、医師の進めもあり通院に切り替え、最後の思い出作りの孫も伴った一泊2日の力も出来ました。
しかし、一昨年の三月に病状が急変し緊急入院。
先生方も必死で頑張ってくれましたが、日に日に病状は悪くなり、最後は植物人間同様に成りました。
医師から延命治療をするか聴かれましたが、母親の寝たきりの姿を見ていると辛く本人もかわいそうだと思い断りました。それでも何とか5月まで持ちこたえ、一昨年の5月2日に亡くなりました。
病院から連絡があり、直ぐ駆けつけたときには息絶えていました。
それは残念でしたが、それまで医師や看護婦の皆さんに良くして貰い(近くで見ていると本当に大変な仕事だと思います)感謝しています。
先月一回忌も終えて何と無くですが、母親は85歳で亡くなりましたが、最後の人生は孫にも囲まれ幸せだったと思います。
今でも色々思い出しますが、自分が死ぬときは永い闘病生活を送るのは無く、潔くスパッと逝きたいと思います。
もちろん天命を終えてから、ですから、今日一日一日を大事に生きたいと思います 不適切な口コミを報告

関連する疾患

QLifeでは次の治験にご協力いただける方を募集しています

治験参加メリット:専門医による詳しい検査、検査費用の負担、負担軽減費など

国立病院機構 大阪医療センターの他の口コミ

国立病院機構 大阪医療センターの近くにある病院の口コミ

インフォメーション

国立病院機構 大阪医療センターを見ている方は、他にこんな病院を見ています

国立病院機構 大阪医療センターの近くにある病院

カテゴリから病院を探す

おすすめの記事

病院情報について
病院情報は、QLifeおよび株式会社ウェルネスの独自収集情報、各都道府県の公開情報、医療機関からの情報提供に基づくもので、内容を完全に保証するものではありません。 受診の際は必要に応じ、診療内容、予約の要不要など、直接医療機関にお問い合わせください。 当サービスの利用により生じた損害についてQLifeおよび株式会社ウェルネスは賠償の責任を一切負いません。
口コミについて
口コミは、受診など、医療機関との実際の関係を持った第三者の主観によるもので、法人としてのQLifeの見解を示すものではありません。 あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。