名古屋大学医学部附属病院

愛知医大にて左半身二次運動野脳細胞まで、癌が逡巡しており取りきれないと残され、名大に転院

診療科目:脳神経外科 hiroさん 50代以上男性(2017年07月24日投稿) 失礼ながら、家内が中日ビルにて開かれていた医療相談会にて、当時の名大脳外科の教授を頼ってセカンドオピニオンを受け、別病院より自主退院し、色々相談頂き、名大に転院。
当時の担当医は、腫瘍専門医の先生でした。
当初放射線か抗がん剤治療の選択肢の他、癌化した二次運動野を切除した方が、将来的に安全とのお話で、場合によっては障害のリスクもあるが、リハビリである程度は、障害も克服可能との事で、オペを承諾しました。
オペ後、麻酔から覚めた後、左手、足が無事動きオペ成功でした。
手首には、オペ中の点滴針が、5本も刺さっているにも係らず。
担当医の先生動きを見た直後ガッツポーズと、手首の激痛が記憶に残っています。
良いドクターとは、患者の話を良く聞いてくれ、的確な回答してくれるドクターです。 不適切な口コミを報告

関連する疾患

QLifeでは次の治験にご協力いただける方を募集しています

治験参加メリット:専門医による詳しい検査、検査費用の負担、負担軽減費など

名古屋大学医学部附属病院の他の口コミ

名古屋大学医学部附属病院の近くにある病院の口コミ

インフォメーション

名古屋大学医学部附属病院を見ている方は、他にこんな病院を見ています

名古屋大学医学部附属病院の近くにある病院

カテゴリから病院を探す

おすすめの記事

病院情報について
病院情報は、QLifeおよび株式会社ウェルネスの独自収集情報、各都道府県の公開情報、医療機関からの情報提供に基づくもので、内容を完全に保証するものではありません。 受診の際は必要に応じ、診療内容、予約の要不要など、直接医療機関にお問い合わせください。 当サービスの利用により生じた損害についてQLifeおよび株式会社ウェルネスは賠償の責任を一切負いません。
口コミについて
口コミは、受診など、医療機関との実際の関係を持った第三者の主観によるもので、法人としてのQLifeの見解を示すものではありません。 あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。