診療科目

内科精神科神経内科呼吸器科消化器科循環器科小児科外科整形外科脳神経外科呼吸器外科心臓血管外科小児外科皮膚科泌尿器科産婦人科眼科耳鼻咽喉科放射線科心療内科リハビリテーション科麻酔科歯科口腔外科 /血液内科/腎臓内科/呼吸器内科/消化器内科/循環器内科/乳腺外科/糖尿病内科

診療時間

午前 午後 その他
8:30 - 11:00
8:30 - 11:00
8:30 - 11:00
8:30 - 11:00
8:30 - 11:00

午前:月火水木金(受付時間・科目毎時間・曜日あり)

休診日:土・日・祝・年末年始(12/29~1/3)

※診療時間は、変更される事や、診療科によって異なる場合があるため、直接医療機関のホームページ等でご確認ください

施設情報

駐車場 人間ドック カード 院内処方 セカンド
オピニオン
-
公式サイト http://w3hosp.med.nagoya-cu.ac.jp/
駐車場 有料:350台
混雑状況 比較的混まない時間帯
・眼科: 金曜の午前
・月曜の午前の後半
・産婦人科: 月曜以外の午前
・放射線科: 月曜の午前 ※口コミや調査による未検証情報です。 あくまで参考レベルでの利用に留めてください。
カードによる
支払い
VISA、MASTER、JCB、AMEX、NICOS、DC、J-Debit、DINERS、UFJ、DISCOVER、MUFG ※条件によって利用できない場合があります。直接医療機関のホームページ等でご確認ください。
高度医療機器 DSA、IMRT、MRI、RALS、SPECT、マルチスライスCT
外国語対応 英語
初診時にかかる
特別料金
5,400円 ※「病床数が200以上の病院について受けた初診」に係る特別の料金

名古屋市立大学病院の院長/関係者様へ

写真掲載、お知らせ掲載を希望される場合下記よりお問い合わせください。お知らせ掲載は、メールで投稿ができる、便利な機能です。

写真・お知らせ掲載に関するお問い合わせ

名古屋市立大学病院の院長/関係者様へ
病院情報の誤りのご連絡は病院情報変更フォームをご利用下さい。
※よろしければ口コミウィジェットをご活用下さい

ストリートビュー

拡大・縮小

最寄駅からの所要時間

名古屋市営地下鉄桜通線桜山から徒歩1分

近隣の駅からの距離

  • 桜山(名古屋市営地下鉄桜通線)から0.22km
  • 瑞穂区役所(名古屋市営地下鉄桜通線)から0.87km

名古屋市立大学病院の最新口コミ(27件)

名古屋市立大学病院で行える先進的な医療

専門医

専門医 がん薬物療法専門医(2)/アレルギー専門医(4)/ペインクリニック専門医(2)/リウマチ専門医(10)/リハビリテーション科専門医(3)/レーザー専門医(2)/一般病院連携精神医学専門医(2)/乳腺専門医(4)/内分泌代謝科専門医(3)/口腔外科専門医(1)/周産期(新生児)専門医(4)/呼吸器外科専門医(6)/呼吸器専門医(14)/外科専門医(36)/大腸肛門病専門医(2)/婦人科腫瘍専門医(2)/小児外科専門医(1)/小児神経専門医(1)/小児科専門医(20)/形成外科専門医(1)/循環器専門医(17)/心療内科専門医(1)/心臓血管外科専門医(3)/感染症専門医(2)/放射線科専門医(19)/救急科専門医(7)/整形外科専門医(24)/核医学専門医(3)/気管支鏡専門医(11)/気管食道科専門医(1)/泌尿器科専門医(13)/消化器内視鏡専門医(25)/消化器外科専門医(12)/消化器病専門医(28)/生殖医療専門医(2)/産婦人科専門医(19)/病理専門医(4)/皮膚科専門医(9)/眼科専門医(14)/神経内科専門医(11)/精神科専門医(11)/糖尿病専門医(3)/細胞診専門医(3)/総合内科専門医(32)/老年病専門医(1)/耳鼻咽喉科専門医(15)/肝臓専門医(13)/脳神経外科専門医(10)/脳血管内治療専門医(6)/腎臓専門医(6)/臨床遺伝専門医(6)/血液専門医(10)/超音波専門医(2)/透析専門医(4)/麻酔科専門医(21) ※カッコの中は専門医の人数です。

在宅医療、人材募集、推薦・連携

推薦・連携 下記の施設から推薦・連携されています。

※この情報は医療機関からの情報提供に基づいて掲載しています。

名古屋市立大学病院の院長 / 関係者様へ
在宅医療、人材募集、推薦・連携欄への記載はQLifePro 貴院情報編集に登録いただくと無料で行えます。

その他の情報

この情報は都道府県の公開情報を元に、QLifeが独自に編集したものです。正確な情報に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。

対応可能な短期手術(日帰り)

皮膚
皮下腫瘍摘出術
気管支狭窄拡張術
気管支腫瘍摘出術
半月板切除術
手根管開放手術
内視鏡的胃・十二指腸ポリープ・粘膜切除術
内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術

対応可能な短期手術(一泊二日)

関節鼠摘出手術
腹腔鏡下虫垂切除術
半月板縫合術
靱帯断裂縫合術
胸腔鏡下交感神経節切除術

健康診査、人間ドック、健康相談

妊婦検診
乳児1ヶ月検診

専門外来

禁煙外来/女性外来/セカンドオピニオン外来

予防接種

おたふくかぜ
ジフテリア
百日咳及び破傷風の三種混合
水痘
ジフテリア及び破傷風の二種混合
ポリオ
麻疹
風疹
麻疹及び風疹の二種混合
日本脳炎
BCG

名医の推薦分野

この病院は、複数の有名専門医(※)の間で「自分や家族がかかりたい」と推薦されています。 推薦を受けた分野(科目、領域)は以下です。記載内容はいずれも取材・調査回答書より。※推薦、選定して頂いた有名専門医の一覧表

分野 消化器・一般内科
特色 消化管、肝臓、膵臓・胆道疾患に対する診断、治療を行い、内視鏡治療にも重点をおいている。最近は地域がん診療連携拠点病院にも認定され、EBM(科学的根拠に基づいた医療)に沿った的確な消化器癌化学療法を行い、患者様のQOL(生活の質)の改善を第一に考慮した安全な治療に心がけている。また夜間帯には消化器内科医が常時当直し、吐下血や急性胆管炎など緊急処置を要する疾患に対しても、迅速対応が可能である。
症例数 年間外来患者延べ数は約25,000人、入院患者数は常時60人前後である

★消化管疾患に関しては、早期食道癌、胃癌、大腸癌に対する内視鏡的治療、特に内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)などを積極的に施行、早期癌の診断には特殊光内視鏡観察(NBI、FICE)などの最先端機器による精度の高い診断を行っている。進行癌に対しては、外来化学療法室とも連携を取りながら安全で質の高い抗癌剤治療を行っている。ピロリ菌感染による胃癌発癌機構、癌細胞増殖の分子機構、新規分子標的療法の開発などの基礎研究は文部科学省科学研究費などを取得し、その成果を国際的に発信している。近年増加している原因不明の難治性疾患である炎症性腸疾患(IBD)に対して、臨床と基礎の両面から研究を行っている。厚生労働省科学研究費補助金難治性疾患克服事業「難治性炎症性腸管障害に関する研究調査」(班会議)のメンバーとして、全国のIBD専門施設と共同で病態・治療に関して多方面からの研究活動、ならびに動物モデルを用いた病態の解明や新たな治療法の開発、ヒト遺伝子解析などに取り組んでいる。また、胃食道逆流症(GERD)、機能性胃腸症、過敏性腸症候群(IBS)など機能性疾患の病態解明、有効な治療法確立のため、文部科学省科学研究費などを取得し基礎的に取り組んでいる。さらに自施設や全国多施設と共同で多くの臨床研究も施行している

★肝疾患に関しては、①肝細胞癌の早期診断と内科的治療(肝動脈塞栓療法、経皮経肝エタノール局注療法、マイクロ波凝固療法、ラジオ波焼灼療法)、②ウイルス性肝炎(B型・C型)に対する抗ウイルス療法(インターフェロン療法、核酸アナログ療法)、③脂肪肝、NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)の診断と治療、④原発性胆汁性肝硬変、自己免疫性肝炎の診断と治療、⑤劇症肝炎を含む重症肝炎に対する集学的治療、⑥胃・食道静脈瘤に対する内視鏡的治療を行っている。特にC型肝炎ウイルス遺伝子変異とインターフェロン治療効果との関連、B型肝炎ウイルス遺伝子変異と肝病態および薬剤耐性との関連に焦点を当てた臨床研究を行っている。また肝発癌のメカニズムの解明と発癌抑制のための基礎的研究(遺伝子面からと栄養面からの検討)、肝癌治療後の再発に影響する因子の臨床研究およびその予防法の開発を行っている

★膵臓・胆道疾患に関しては、急性膵炎とくに重症急性膵炎に対しては放射線科、ICU、消化器外科とも協力し、膵酵素阻害剤・抗生剤持続動注療法および血液浄化療法を行い、壊死性膵炎に対して外科的治療を行っている。また、慢性膵炎、膵石症に対しては、非観血的治療も試みている。特に、自己免疫性膵炎(AIP)およびAIPに伴う胆管病変の症例経験が多く、膵癌や原発性硬化性胆管炎との鑑別診断、治療報告を数多く行っている。また、総胆管結石、閉塞性黄疸、急性閉塞性化膿性胆管炎などに対しては迅速的な内視鏡的ドレナージ処置を施行し、膵癌、胆道癌、胃癌、大腸癌など悪性疾患に伴う十二指腸狭窄に対しては内視鏡的ステント留置術を行い、QOL(生活の質)の改善に常に配慮をした安全な治療を行っている。
医療設備 CT、MRI、電子ファイバースコープ(上部消化管、下部消化管、小腸)、超音波内視鏡(EUS)、EUS-FNA、超音波・カラードプラ超音波装置ほか。
所属スタッフ 城卓志教授(消化器)、神谷武講師(消化器)、中沢貴宏病院教授(肝膵臓)、片岡洋望准教授(内視鏡)、野尻俊輔講師(肝膵臓)、安藤朝章病院講師(肝膵臓)、谷田諭史(消化器)、鹿野美千子助教(臨床検査)、林香月助教(肝膵臓)、志村貴也助教(消化器)、内糖格助教(肝膵臟)、水島隆史助教(消化器)、溝下勤助教(消化器)の常勤医13人、非常勤医12人。
所属医師 城 卓志 1952年生まれ 名古屋市立大学医学部卒
中沢 貴宏 1960年生まれ 名古屋市立大学医学部卒
神谷 武 1959年生まれ 名古屋市立大学医学部卒、同大学院修了
片岡 洋望 1964年まれ 名古屋市立大学医学部卒、同大学院修了
  • セカンドオピニオン受入 ○
  • 初診予約 △
  • 主治医指名 ○
  • 執刀医指名 /

○=可能 △=条件付きで可 ×=不可 /=未回答

「医者がすすめる専門病院 東海版」(ライフ企画 2011年4月)

分野 呼吸器内科
特色 名古屋市の中心部に位置する都会型大学付属病院である。幅広い呼吸器疾患に対応し、救急医療にも対応している。膠原病内科があるため間質性肺炎も多い。当科では、最先端の呼吸器内視鏡を揃えるなどして、的確な診断を行うことに努めている。
症例数 09年度新入院患者数は664人、外来患者数は11,935人である。外来紹介率70.8%。入院では肺癌が多く、約70%を占める。他、肺炎10%、間質性肺炎5%、慢性閉塞性肺疾患5%、その他、気管支喘息、呼吸不全などである。外来ではこのほかにサルコイドーシス、非結核性抗酸菌症、慢性咳などの患者様が集積している

肺癌=III~IV期の化学療法の対象となる方の治療を行っている。可及的に短期入院、外来化学療法を行っており、09年度の外来化学療法件数は281件であった。緩和ケアチームがあり、化学療法の副作用や疼痛、気分の変調などに対応している

肺炎=多くが合併症のある方で、他の診療科と緊密に連携し治療にあたる。完全電子カルテシステムのため、他診療科の診療内容が病院のどこからもリアルタイムに把握できる

その他=サルコイドーシスについては眼科などと連携し診療を行っている。
医療設備 内視鏡:精密かつ患者様に負担の少ない検査のために最先端の機器を備えている。①超音波気管支鏡ガイド下針生検=気管支鏡の先端に超小型超音波装置を装着し、超音波のガイドにより気管支内腔からリンパ節などを生検する(年間約30件)。②蛍光気管支鏡=肺癌が発する自家蛍光の変化を捉えることにより早期中枢型肺癌の診断を行う。③細径胸腔鏡=局所麻酔で行い胸水を診断(年間約10件)。④PDT=早期肺門部肺癌を低出力レーザーで治療(導入決定)。
所属スタッフ 佐藤滋樹病院教授(部長)、小栗鉄也講師(副部長)、前野健病院講師、宮崎幹規助教、中村敦病院准教授(感染制御室室長)他、常勤医10人。
所属医師 佐藤 滋樹 1957年生まれ 名古屋市立大学医学部卒
  • セカンドオピニオン受入 ○
  • 初診予約 △
  • 主治医指名 △
  • 執刀医指名 /

○=可能 △=条件付きで可 ×=不可 /=未回答

「医者がすすめる専門病院 東海版」(ライフ企画 2011年4月)

分野 呼吸器外科
特色 肺癌の低侵襲外科治療、肺癌の遺伝子の変化に応じた個別分子標的治療を行っている。その他に胸腺腫、重症筋無力症、手掌多汗症なども扱う。診断、治療方針に関して患者さんにご理解頂けるよう十分な時間をとった丁寧な説明を心がけている。内科、放射線科との検討会で手術適応を検討し、外科医の独善での手術は行っていない。チーム医療で診療に当たっている。入院中は毎朝部長の回診があり、診療に関する患者さんのご意向やご希望を汲み上げる体制がある。紹介医療機関との連携を重視している。
症例数 09年の手術総数は230例、うち肺癌100例、肺腺腫27例

★肺癌術後の5年生存率はIA:89.2%、IB:60.6%、IIA:50.8%、IIB:50.4%、IIIA:23.7%、IIIB:20.8%

★肺癌において、上皮増殖因子受容体(EGFR)の遺伝子異常に応じて薬に対する反応が異なることを明らかにした。当科研究室において、個々の患者さんごとにその癌の遺伝子異常を解析し、最適な治療を行う

★重症筋無力症については、全国から100人を超える外来通院患者がある。重症筋無力症に関するホームページを参照されたい(http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/surg2.dir/mg/index.html)。多くの経験に基づき、免疫抑制剤も含めて良好なQuality of Life(QOL:生活の質)を目標に治療している。胸腺腫も症例が多い。日本胸腺研究会の主幹施設で、胸腺腫や縦隔腫瘍に関する臨床試験を統括している。
医療設備 CT、MRI、換気血流シンチ、内視鏡、定位照射など。
所属スタッフ 藤井義敬部長・教授、矢野智紀副部長・准教授、佐々木秀文准教授、森山悟病院講師、彦坂雄病院講師、横田圭右(臨床研究医)。
所属医師 藤井 義敬 1949年生まれ 大阪大学医学部卒
矢野 智紀 1965年生まれ 名古屋市立大学医学部卒
森山 悟 1968年生まれ 名古屋市立大学医学部卒
彦坂 雄 1973年生まれ 富山大学医学部卒
  • セカンドオピニオン受入 ○
  • 初診予約 ○
  • 主治医指名 △
  • 執刀医指名 △

○=可能 △=条件付きで可 ×=不可 /=未回答

「医者がすすめる専門病院 東海版」(ライフ企画 2011年4月)

名医の推薦分野をもっと見る

実力医

複数の有名専門医(※)の間で、特にがんの外科的治療中心に「自分や家族がかかりたい」と推薦された医師が所属しています。記載内容はいずれも取材・調査回答書より。 ※推薦、選定して頂いた有名専門医の一覧表

荒川敦志(あらかわあつし)| 産科婦人科講師・病院准教授

1961年愛知県名古屋市生まれ。
私立東海高校卒。
87年名古屋市立大学医学部卒。
同大学産科婦人科入局。
92年同大学院修了。
93年同助手、00年講師、07年病院准教授。

専属学会・資格 日本産科婦人科学会(産婦人科専門医)、日本婦人科腫瘍学会(婦人科腫瘍専門医)、日本癌治療学会、日本癌学会、日本がん治療認定医機構(がん治療認定医)、医学博士。
著者・編集者・論文 英文論文12編、和文論文11編(筆頭以外も含む)。

実績

累積手術数 子宮癌約200例、卵巣癌約80例、その他の癌や良性疾患などで約150例(最近5年間、指導・助手含む)。
年間執刀数 子宮癌50~60例、卵巣癌15~20例、その他の癌や良性疾患などで40例(指導・助手含む)。
診察に際して
心がけている点
①個々の患者さんに特有な個性を尊重し、それぞれの患者さんにとって何が大切なのかを考えながら診療する②治療の目標をどこにするのかを考える③終末期においてはできるだけ入院に頼らず自宅で過ごせるように勧めている。
手術に際して
心がけている点
①丁寧に行い出血を抑える②常に安全性を考慮する③手術後に追加する治療のことも考慮に入れて手術の必要な範囲を考える④手術室内のムードが悪くならないように心がける。

組織

科の特色 産科と婦人科の分野を取り扱う診療科であり、それぞれを専門に取り扱う医師が中心となり診療している。そのため婦人科癌のすべてが腫瘍を専門とするスタッフで構成されている腫瘍グループを中心として治療にあたっている。
科の症例数・治療・成績 近年における年間の婦人科悪性腫瘍手術件数は約70件

★手術術式は基本的には標準的な方法を提示するが、手術を受ける本人の希望も配慮し術式を決定していく。術中の出血軽減にも配慮して手術を行っており、術中輸血の頻度は低く抑えられている。広汎子宮全摘術の際には神経温存に配慮しており、術後の膀胱機能の回復は良好である

★化学療法の決定も標準的方法を中心とし、他の治療方法も比較提示しながら説明し、患者さんが納得できる治療方法を選択してもらう

★特に難治性の再発癌には、癌との共存を前提として体に負担の少ない化学療法も取り入れ、進行の速度を遅くする目的の治療も試みている

★多施設共同研究などにも参加しており、十分な説明と同意の上、患者さんの自由意思で臨床試験にも参加していただいている

★化学療法の薬物有害反応の軽減を目的とした臨床試験も行っている

★卵巣癌に対する化学療法の奏効率は72.3%で、進行卵巣癌における無病生存期間の中央値はIII期466日、IV期293日である。また、卵巣癌再発例に対する化学療法の奏効率は、初回治療から6カ月未満の症例で17.4%、6カ月以上の症例では55.5%である

★進行子宮頚部腺癌に対する術前化学療法は、平均2.3コース施行した症例のうち60.0%に奏効した。

素顔

名医の条件 よくわかりません。
趣味 読書。
特技 特になし。
私の健康法 健康に良いといわれることはあまりしていない。
もし医師でなかったら 何かものを作る仕事がしたい。

「実力医の履歴書 外科系II版」(ライフ企画 2012年2月)

木村昌弘(きむらまさひろ)| 消化器・一般外科副部長・准教授

1964年大阪市生まれ。
83年大阪府立天王寺高校卒。
89年名古屋市立大学医学部卒、同大学第2外科入局。
01年名古屋市立大学腫瘍・免疫外科学助手。
05年同講師。
11年消化器・一般外科学准教授。

専属学会・資格 日本外科学会(指導医)、日本消化器外科学会(指導医・消化器がん治療認定医)、日本食道学会(評議員・食道科認定医)、日本臨床外科学会(評議員)。
著者・編集者・論文 「Thymidylate synthase and dihydropyrimidine dehydrogenase mRNA levels in esophageal cancer」(Oncol Letters,2:297-301,2011)、「消化器外科周術期管理における栄養管理の進歩」(外科治療、102(3):285-291,2010)、「リスクの高い症例に対する手術手技1」(手術、62(2):225-233,2008)など。

実績

累積手術数 食道癌120例。
年間執刀数 30例(指導を含む)。
診察に際して
心がけている点
患者さんの病状のみでなく、人生観・家族を含めた人間関係も可能な限り考慮にいれた治療を心がける。
手術に際して
心がけている点
常に根治性を求めることはもちろんであるが、とにかく安全で合併症を起こさない手術を施行する。

組織

科の特色 食道癌では、呼吸器・肝臓などに機能障害を合併している割合が高く、低栄養、高齢者の患者さんも多い。比較的早期の食道癌を除くと化学療法・放射線療法を併用することが多いことも食道癌の特徴である。これら集学治療を有効かつ円滑に進めるため、内科、放射線科、麻酔科をはじめとして、口腔外科(術前・術後の口腔ケアが重要視されてきている)、NST(栄養サポートチーム)を交えた多職種の協力のもと日々の治療を行っている。
科の症例数・治療・成績 ★年間の手術症例数は30~40例である。進行度別(stage別)の予後では、stage0の5年生存率は100%、I:91.9%、II:69.4%、III:44.6%、IVa:34.7%であった。これらは手術前後の化学・放射線療法を含めた集学的治療を施行した成績である

★また、呼吸器・循環器疾患、糖尿病などハイリスクな基礎疾患を有する症例も、他科と連携しながら治療を施行している。根治切除手術以外の治療として、患者さんの“食べたい”という強い希望を叶えるために、バイパス手術やステント挿入手術も年数例施行している

★より安全・確実な手術手技の確立を目指し、食道切除後の再建術式の改良などを行い、学会および論文に発表している。軽微なものを含めると半数の患者さんに起こる術後合併症を予防・軽減するために、過去の症例を分析し、周術期管理に役立てている。術前の禁煙・禁酒、術後早期の離床など、患者さんの理解、協力なくしてより良い治療成績は得られない。そのため、限られた時間の中ではあるが、患者さんと担当医、看護師など医療スタッフとの人間関係の早期確立も重要と考えている。

素顔

名医の条件 患者さんに“この担当医で良かった”と思ってもらえる医師。
趣味 詩吟、音楽鑑賞。
特技 特になし。
私の健康法 気分転換を兼ね温泉めぐり。
もし医師でなかったら 音楽関係。

「実力医の履歴書 外科系I版」(ライフ企画 2012年2月)

竹山廣光(たけやまひろみつ)| 消化器外科教授

1952年生まれ。
77年名古屋市立大学医学部卒。
90年~2年間UCLA腫瘍外科学に留学。
09年名古屋市立大学消化器外科教授。

専属学会・資格 日本外科学会(代議員・指導医)、日本消化器外科学会(評議員・指導医)、日本消化器病学会(東海支部評議員・指導医)、日本臨床外科学会(評議員)、日本肝胆膵外科学会(評議員)、日本静脈経腸栄養学会(評議員)、日本在宅医療学会(評議員)、日本外科感染症学会(評議員)、日本胃癌学会(評議員)、日本癌治療学会(評議員)、日本消化管学会(評議員)、日本外科代謝栄養学会(評議員)、日本感染症学会(評議員)、日本化学療法学会(評議員)、日本腹部救急医学会(評議員)。
著者・編集者・論文 英文論文125編、和文論文200編以上。

実績

累積手術数 1,500例以上。
年間執刀数 100例。
診察に際して
心がけている点
患者さんの訴えは常に正しい。
手術に際して
心がけている点
丁寧に。

組織

科の特色 食道、胃、肝・胆・膵領域、大腸、すべての消化器官の癌の外科治療にあたっている。大腸癌手術は、根治性を高めた十分な郭清と機能温存術式・低侵襲手術を行い、退院後の早期回復を目指している。腹腔鏡下手術は、件数が増加しており進行癌にも適応を広げている。また、より低侵襲をめざした手技の工夫(Reduced Port surgery)も行っている。腸管の吻合法に関して、狭窄を防ぐ目的でキーホール吻合法を考案するなど、縫合不全・吻合部狭窄などの合併症の軽減に努めている。
科の症例数・治療・成績 症例数=大腸癌は年間150例前後でそのうち、約40%を腹腔鏡下手術で行っている。機能温存術式・低侵襲手術を目指しERAS(術後早期回復の概念)を取り入れて早期回復を目指し診療にあたっている

成績=大腸癌治癒切除後の5年生存率は、直腸癌で、stage0:100%、I:96.5%、II:86.2%、IIIa:72.0%、IIIb:52.1%。結腸癌でstage0:100%、I:93.7%、II:88.7%、IIIa:80.2%、IIIb:68.3%である

★転移性肝癌症例の治療においても、根治切除率を上げるために術前化学療法を取り入れ、積極的な肝切除を行い治療効果の改善を得ている。治癒切除不能で、抗癌剤治療が必要な症例においては、新規抗癌剤を併用した最新の化学療法を行っている

★また、全国で行われている臨床試験にも積極的に参加しており、将来の有効な治療の開発に貢献できるように努力している。

素顔

名医の条件 患者の気持ちが理解できること。臨床感覚が優れていること。
趣味 ゴルフ。
特技 特になし。
私の健康法 特になし。
もし医師でなかったら まったく無理ですがオーケストラの指揮者になりたい。

「実力医の履歴書 外科系I版」(ライフ企画 2012年2月)

実力医をもっと見る

治療実績

疾患名 病気名 治療実績 順位
合計件数 手術あり 手術なし 愛知県 全国
神経系疾患 脳腫瘍 138 61 77 5位 -
くも膜下出血、破裂脳動脈瘤 10 10 0 23位 -
未破裂脳動脈瘤 75 29 46 5位 -
非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外) 47 0 47 26位 -
非外傷性硬膜下血腫 12 12 0 23位 -
脳梗塞 185 28 157 28位 -
脳血管障害 49 24 25 10位 -
脳脊髄の感染を伴う炎症 17 0 17 24位 -
重症筋無力症 19 0 19 1位 29位
パーキンソン病 77 35 42 2位 30位
基底核等の変性疾患 15 0 15 8位 -
てんかん 61 0 61 25位 -
眼科系疾患 角膜・眼及び付属器の悪性腫瘍 10 10 0 3位 20位
白内障、水晶体の疾患 335 335 0 21位 -
網膜剥離 137 137 0 3位 43位
糖尿病性増殖性網膜症 45 45 0 6位 -
黄斑、後極変性 131 107 24 5位 -
緑内障 52 52 0 3位 -
硝子体疾患 46 46 0 4位 45位
脈絡膜の疾患 26 13 13 3位 15位
耳鼻咽喉科系疾患 頭頸部悪性腫瘍 212 123 89 4位 50位
耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 56 56 0 2位 28位
扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 15 0 15 45位 -
睡眠時無呼吸 467 0 467 4位 10位
顔面神経障害 30 19 11 2位 -
前庭機能障害 29 0 29 41位 -
聴覚の障害(その他) 17 17 0 4位 -
慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 41 41 0 3位 -
呼吸器系疾患 縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍 47 16 31 3位 12位
肺の悪性腫瘍 568 119 449 11位 -
胸壁腫瘍、胸膜腫瘍 53 0 53 1位 6位
肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎 284 17 267 27位 -
誤嚥性肺炎 113 14 99 35位 -
慢性閉塞性肺疾患 20 0 20 30位 -
肺・縦隔の感染、膿瘍形成 11 0 11 25位 -
呼吸器のアスペルギルス症 18 0 18 5位 23位
胸水、胸膜の疾患(その他) 22 0 22 5位 -
気胸 45 15 30 23位 -
肺循環疾患 10 10 0 1位 19位
肺高血圧性疾患 48 10 38 2位 27位
循環器系疾患 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 54 54 0 30位 -
狭心症、慢性虚血性心疾患 291 120 171 29位 -
心筋症(拡張型心筋症を含む。) 25 0 25 2位 -
頻脈性不整脈 73 52 21 26位 -
弁膜症(連合弁膜症を含む。) 38 22 16 18位 -
心不全 191 25 166 27位 -
高血圧性疾患 13 0 13 12位 -
解離性大動脈瘤 15 0 15 22位 -
非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 31 31 0 16位 -
閉塞性動脈疾患 20 20 0 32位 -
静脈・リンパ管疾患 20 20 0 25位 -
肺塞栓症 14 0 14 4位 -
循環器疾患(その他) 14 14 0 5位 -
徐脈性不整脈 75 58 17 15位 -
消化器系疾患、肝臓・胆道・膵臓疾患 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 131 59 72 4位 -
胃の悪性腫瘍 252 132 120 13位 -
小腸の悪性腫瘍、腹膜の悪性腫瘍 13 0 13 15位 -
結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 237 129 108 10位 -
直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 121 84 37 17位 -
肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 250 155 95 5位 -
胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 30 17 13 23位 -
膵臓、脾臓の腫瘍 125 47 78 7位 -
胃の良性腫瘍 31 21 10 4位 41位
小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 429 368 61 9位 -
穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 53 14 39 26位 -
食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 87 41 46 14位 -
胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) 39 28 11 42位 -
虫垂炎 55 44 11 34位 -
鼠径ヘルニア 145 145 0 15位 -
閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア 22 22 0 14位 -
クローン病等 24 0 24 6位 -
潰瘍性大腸炎 31 0 31 4位 -
虚血性腸炎 21 0 21 33位 -
ヘルニアの記載のない腸閉塞 115 25 90 24位 -
劇症肝炎、急性肝不全、急性肝炎 19 0 19 7位 -
慢性肝炎(慢性C型肝炎を除く。) 12 0 12 12位 -
肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) 72 48 24 12位 -
胆嚢疾患(胆嚢結石など) 36 36 0 24位 -
胆嚢水腫、胆嚢炎等 94 73 21 12位 -
胆管(肝内外)結石、胆管炎 148 126 22 20位 -
急性膵炎 25 0 25 24位 -
慢性膵炎(膵嚢胞を含む。) 33 18 15 5位 49位
腹膜炎、腹腔内膿瘍(女性器臓器を除く。) 21 21 0 27位 -
その他の消化管の障害 62 38 24 3位 12位
筋骨格系疾患 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 77 77 0 3位 22位
骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 63 15 48 3位 27位
軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く。) 40 24 16 5位 43位
脊椎変形 19 19 0 3位 -
膝関節症(変形性を含む。) 46 46 0 15位 -
脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 17 17 0 27位 -
脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 48 48 0 28位 -
股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 31 31 0 16位 -
関節リウマチ 45 29 16 9位 -
全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 96 14 82 6位 -
瘢痕拘縮 12 12 0 3位 -
血管腫、リンパ管腫 12 12 0 4位 -
皮膚・皮下組織の疾患 黒色腫 22 12 10 2位 34位
皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 38 38 0 2位 29位
皮膚の良性新生物 37 37 0 4位 -
急性膿皮症 54 11 43 20位 -
母斑、母斑症 10 10 0 4位 -
乳房の疾患 乳房の悪性腫瘍 274 249 25 7位 -
内分泌・栄養・代謝に関する疾患 甲状腺の悪性腫瘍 26 26 0 11位 -
糖尿病足病変 64 46 18 1位 2位
甲状腺機能亢進症 14 0 14 5位 44位
副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 38 0 38 5位 -
その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 28 0 28 29位 -
腎・尿路系疾患及び男性生殖器系疾患 腎腫瘍 52 27 25 4位 -
後腹膜疾患 23 10 13 12位 -
腎盂・尿管の悪性腫瘍 95 44 51 1位 6位
膀胱腫瘍 208 160 48 10位 -
前立腺の悪性腫瘍 396 108 288 5位 33位
精巣腫瘍 39 12 27 1位 4位
上部尿路疾患 130 130 0 13位 -
下部尿路疾患 26 10 16 10位 -
男性生殖器疾患 31 11 20 8位 -
ネフローゼ症候群 13 0 13 20位 -
慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 148 41 107 23位 -
急性腎不全 16 0 16 30位 -
腎臓または尿路の感染症 112 0 112 26位 -
水腎症(その他) 60 60 0 1位 22位
女性生殖器系疾患及び産褥期疾患・異常妊娠分娩 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 147 36 111 3位 -
子宮頸・体部の悪性腫瘍 256 60 196 8位 -
子宮の良性腫瘍 32 32 0 29位 -
卵巣の良性腫瘍 49 49 0 21位 -
妊娠早期の出血 15 0 15 12位 -
妊娠高血圧症候群関連疾患 10 10 0 13位 -
早産、切迫早産 34 22 12 18位 -
胎児及び胎児付属物の異常 135 115 20 6位 -
前置胎盤および低置胎盤 15 15 0 6位 -
分娩の異常 19 19 0 16位 -
血液・造血器・免疫臓器の疾患 急性白血病 42 30 12 13位 -
非ホジキンリンパ腫 314 135 179 2位 23位
多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 108 69 39 1位 3位
骨髄異形成症候群 17 17 0 12位 -
白血球疾患(その他) 23 0 23 11位 -
再生不良性貧血 32 32 0 1位 6位
貧血(その他) 12 12 0 37位 -
新生児疾患、先天性奇形 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害 95 11 84 20位 -
動脈管開存症、心房中隔欠損症 21 11 10 4位 -
先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。) 133 57 76 3位 41位
手足先天性疾患 25 25 0 4位 32位
先天性水腎症、先天性上部尿路疾患 27 12 15 2位 7位
先天性下部尿路疾患 29 29 0 2位 14位
停留精巣 63 63 0 2位 20位
外傷・熱傷・中毒 頭蓋・頭蓋内損傷 71 45 26 25位 -
四肢筋腱損傷 37 37 0 6位 -
その他 手術・処置等の合併症 79 48 31 15位 -
その他の悪性腫瘍 44 10 34 2位 14位
その他の新生物 60 46 14 4位 24位

名古屋市立大学病院を見ている方は、他にこんな病院を見ています

名古屋市立大学病院の近くにある病院

おすすめの記事

インフォメーション

病院情報について
病院情報は、QLifeおよび株式会社ウェルネスの独自収集情報、各都道府県の公開情報、医療機関からの情報提供に基づくもので、内容を完全に保証するものではありません。 受診の際は必要に応じ、診療内容、予約の要不要など、直接医療機関にお問い合わせください。 当サービスの利用により生じた損害についてQLifeおよび株式会社ウェルネスは賠償の責任を一切負いません。
口コミについて
口コミは、受診など、医療機関との実際の関係を持った第三者の主観によるもので、法人としてのQLifeの見解を示すものではありません。 あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。